安全で安心、厳選されたオーガニック栽培茶を届けるブランド『サウダージティー』

安全で安心、厳選されたオーガニック栽培茶を届けるブランド『サウダージティー』

日本にお茶が伝わったのは、遥か溯り奈良時代であったとされ、お茶まれるようになってから約1200

老若男女、誰もが日常的に口にするものだからこそ、安全で安心、かつおいしいお茶を飲んでほしいという考えのもと、全国各地から特徴のある有機栽培茶を厳選したお茶のセレクトショップ『サウダージティー』をご紹介します。

緑茶の豊穣な世界をもっと知ってほしい!」という想いから創業

日本茶のソムリエとも言われる「日本茶インストラクター」の資格を有する創業者2名が立ち上げた同ブランドは、「世界の人々にもっと日本茶の豊穣な世界を知ってほしい」「人にも地球にも優しいオーガニック栽培の自然なおいしさを味わってほしい」「緑茶を通じて日本と世界をつなぐ橋渡し役になる!」......そんな熱い想いからスタートしました。

農薬や化学肥料に頼らないオーガニック栽培のお茶は、害虫駆除、除草、施肥など、つくるの大変な苦労を伴いますが、なんとも自然なおいしさがあります。しかしながら、日本で有機JASの格付を受け生産されているお茶は全体でたった2.5%ほどしかないそうです。

お茶の国内消費量は1970年代をピークに年々減少傾向にある一方で逆に海外輸出量は増加傾向にあります。
中でもオーガニックの食品市場がここ10年で急速に拡大している欧米では2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことも契機となって、日本文化への関心が高まり、お茶においても"オーガニック栽培のお茶"への注目が高まっているのです。

日々の暮らしに楽しさと彩りを加えてくれる一杯のお茶

『サウダージティー』では、日本全国のお茶を試飲してきた経験や日本茶インストラクターの視点から、"色を楽しむ""隠れた銘茶を楽しむ"といったさまざまなテーマのもとにセレクトされたお茶が、31セットで販売されています。

1個あたりの内容量も50gかそれ以下と、一般的な市販のお茶より少なめになっており、そこには、「開封後に茶葉のクオリティや新鮮さが損なわれることをなるべく避けたい」というセレクターの想いが込められているのです。

さらに、パッケージデザインは、世界三大デザイン賞の一つであるドイツの「iFデザインアワード2015」のパッケージ部門において受賞しており、各お茶の産地が描かれた美しいタッチの「水彩画シリーズ」と、ポップでかわいい「ジャパニーズモダンシリーズ」の2種類からお好みで選ぶことができます。

日常に安らぎだけでなく、楽しいひとときをもたらしてくれる『サウダージティー』。
あなたの毎日の一杯に、大切な方への贈り物に、ぜひおすすめしたい逸品です。

【関連サイト】

「サウダージティー」