PARADISO MAIKO ITAI MESSAGE
BLOG PARADISO
PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives

Smilin' Sunshine

2015.1.16

BACKNUMBER
アートディレクターの森本千絵がナビゲート。
”幸せ言葉”をつむぎだす20分間。
今週は、グラフィックデザイナーの伊藤桂司さんをお迎えします!

ゲストは、グラフィックワーク、アートディレクション、映像などを手がける、伊藤桂司さん!
エキゾチックなモチーフや、ワクワクする色使い、セクシーなものなど、たくさんの手法をもっているアーティストの大先輩。現在「伊藤桂司×小町渉展」が、渋谷のPLACE by methodで開催中です。

グラフィックデザイナーとして「音楽」を絵にできる人!伊藤さんは、コラージュ=切り貼りの作品を多く手がけています。CDジャケットやレコードなども手がけているので、みなさんも一度は目にした事があるはずです。



デザインをはじめた時からコラージュをやっていたという伊藤さん。コラージュノートをある編集長にたまたま見てもらうキカッケがあり、ぜひと声をかけて頂き、デビューする事になったそうです。その出版社は、ポルノグラフィやオカルトが一緒になったようなとても面白い雑誌だったそうですが、それがキカッケで少しずつ活動が広がっていったんですね。

音楽のデザインの仕事をするようになったのは20代後半。85、6年、NON-STANDARDレーベルのベストアルバムがたぶん最初の作品だそうです。ただ、その後コンスタントに仕事があったわけではなく、いろんな作品を手がけるようになったのは、90年代終わりぐらいからだとか・・・また、もともと音楽は好きで、何もない白紙の上に作品を作るのと違って、音楽があってデザイするのは制約があって好きだとおっしゃっていました。



そんな伊藤桂司さんの展覧会が現在開催中です。「伊藤桂司×小町渉展/ Keiji Ito × Wataru Komachi Exhibition」カセットテープをモチーフにした展覧会で、会場には64本のカセットが展示されています。裏と表、すべて手に取って見られる内容になっています。

「今や配信、デジタルが多いのですが、音楽って僕らにとっては身体性がともなっているというか。カセットを取り出す、中から出すとか、そういうのがあって音楽。若い人の中には知らない人も多いので、もう一度その辺りにスポットをあてたいという所が正直な所です。音楽の文化って音だけでは語りきれないんですよね。音に出会う行動とビジュアルが大切。」と伊藤さんはおっしゃいます。



一番笑顔になった瞬間は?
という質問には・・・

「気に入ったものが出来た時。全然知らない人がこちらを知っていてつながった時。嬉しい事に、若い子たちがいつも僕の事、作品を気にして楽しんでくれるとめちゃめちゃ嬉しいです。」

伊藤桂司さんご夫婦、そして森本千絵と夫も載っています雑誌「Pen」は現在発売中です。また、「BRUTUS」では、森本千絵が名刺をデザイン!という企画も実中です。ぜひ、チェックしてみて下さい。

「伊藤桂司×小町渉展/ Keiji Ito × Wataru Komachi Exhibition」
会期:2015年1月9日〜2月28日
会場:PLACE by method


森本千絵

森本千絵
Chie Morimoto

株式会社goen°主宰。コミュニケーションディレクター。アートディレクター。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科客員教授。
詳しくはこちら >>

伊藤桂司 Official Site

http://site-ufg.com/