PARADISO MAIKO ITAI MESSAGE
BLOG PARADISO
PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives

MOVIN ON UP

backnumber

2010.6.11

管理栄養士 橋本玲子さん

より強く!美しく!なるための食事法
さぁ、ワールドカップ開幕!
サッカーの世界一を目指して、各国の選手たちが繰り広げる熱い戦い!応援したいですよね。
そんなトップアスリートたちをまた、大きく支えている「スポーツ栄養士」の存在にも今、注目が集まっています。
今日は、サッカー日本代表も多く選出されている、Jリーグ横浜F・マリノスの栄養アドバイザー、管理栄養士・橋本玲子さんにフォーカス。
トップアスリートの食事管理を行っている視点から、アクティブな女性のための栄養学を教えていただきます。

より強く!美しく!なるための食事法、一緒にチェックしていきましょう!

【アクティブな女子が摂取すべき栄養素】
▶スポーツを行うアクティブな女性の食生活のポイントは、基本的にはデスクワークで動かない人に比べて多くのエネルギーを使う!
▶まず、エネルギー源になるご飯やパン、パスタを摂ることが、一番のポイント。
▶摂取した炭水化物を効率よくエネルギーにかえるためには、【ビタミンB1】という栄養素が必要!これ重要!
▶具体的には、豚のヒレ肉とか、もも肉、ハム、ソーセージ。
また豆腐や納豆、枝豆などのような大豆製品にも多く入っていますので、食事のときに大豆製品をしっかり摂ることが大事。
▶また、【鉄分】、【カルシウム】、【食物繊維】は、日本の女性が不足しがちな栄養素。
スポーツを行う女性はもちろん、すべての女性が、意識して摂取すべきです!


【スポーツ別!多く摂るべき栄養素】
▶持久力が必要な種目(ランニング・トレッキングなど)・・・【炭水化物】【糖分】
▶筋力が必要な種目は(ヨガ・ピラティス)・・・【タンパク質】
▶筋持久力が必要な種目(水泳)・・・【炭水化物】【タンパク質】両方をバランス良く!

どの運動も、運動が終わったらなるべく早く、疲れを取るということがために、トレーニングが終わったら2時間〜3時間以内にすみやかに上記の食事を摂るということが大事!


【けがをしてしまったときの食事法】
▶けがをしてしまった場合、体の肉をつくるタンパク質、骨を作るカルシウムを摂るのがマスト!
▶けがをすると運動量は減るので、逆に炭水化物などのエネルギー源は控えめにして、バランスをとる!


【勝つための食事法!】
橋本玲子さん、勝つための食事法について、こんなことをおっしゃっていました。


「勝つための食事法は、決して特別なことではなくて、私がふだんアスリートに言っていることなんですけど、まず1日、間食も含めて4食、きちんと摂ることが大事なポイントになります。
今言ったような食事を1年、365日、朝昼晩、続けられるかどうか、っていうのがすごく大事なんですね。
世界で活躍されているトップアスリートという人たちは、こういう当たり前のことを毎日続けているから、けがをしない、あるいはけがをしても、回復が早い。疲れを溜めないから、あれだけ世界中をまわっていても戦えるんですね。
ですので、女性も、トップレベルではないにもしても、やはり日々、美しくありたい、やせたい、疲れを取りたい、みんな同じだと思いますのでバランスのとれた食事を毎日、続けていくこと。
たとえば野菜をすこしづつ増やすとか、朝ご飯を食べていない方はバナナを毎日食べるようにするとか、本当にちょっとしたことを改善しながら続けていくこと。それが結果的には勝つための食事につながると思います。」

有限会社 橋本玲子ダイエットコンサルテーションズ

http://www.rh-diet.com/