時代を象徴する各種エンターテインメントから見え隠れする、
ファッションのキーワードをピックアップ!
ファッションから時代のいまの空気を伝え、
あなたの毎日の生活をファッショナブルにする
ヒントが満載!

SMILE ON SUNDAY


2017.01.15 ON AIRワーカホリックのための椅子選び


Back Number

レンタルオフィスやSOHOなど、プライベートな空間で仕事をする人が増えています。
そこで今週は、デスクワークに欠かせない「椅子」に注目!
虎の門にある、世界でも珍しいワークチェアの専門店
「ワーカホリック」をご紹介しました。


ワーカホリックには「チェアコンシェルジュ」という専門職の方々がいて、
お客さんの体型、筋肉のつき方、作業環境などをもとに、
一人一人に最適な椅子を提案してくれます。
今回は「パソコンのキーボード入力が多い人」と「筆記作業が多い人」
に分けて、チェアコンシェルジュの伊藤僚範さんに、
おすすめの椅子を伺いました。


*一日中パソコン作業をする→[エルゴヒューマン PRO]

台湾のメーカーの椅子で、コストパフォーマンスが高い。
特徴は、腰の所が枕のように張り出していて、
腰を支え、からだの動きにフィットして動いてくれる。
座面の高さ・ヘッドレストの位置を調節したり、
肘あてを肩に力が入らない90度くらいに調節することも可能。


*筆記作業が多い→[ハーマンミラー アーロンチェア]

アメリカのメーカーで、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品に
加えられている、曲線のラインが美しいチェア。
背もたれと座面はメッシュなので熱が放出され、快適に座れる。
しっかり奥まで座ると骨盤が立つ感じになり、腰や太ももの負担を軽減。


高機能チェアは選ぶポイントがいろいろあるので、
チェアコンシェルジュがいると頼もしいですよね!
お店に行く際には、いま使っている机の高さ・奥行き・天板の厚みなどを
控えていくと、シミュレーションをしながら椅子を選べます。

一日に何時間も座る椅子。今年はこだわってみませんか?















WORKAHOLIC