時代を象徴する各種エンターテインメントから見え隠れする、
ファッションのキーワードをピックアップ!
ファッションから時代のいまの空気を伝え、
あなたの毎日の生活をファッショナブルにする
ヒントが満載!

SMILE ON SUNDAY


2016.06.26 ON AIRまもなく富士山の山開き!四角友里さんにきく最旬山ウエア☆


Back Number

7月1日は富士山の山開き。
今年から8月11日が「山の日」に制定されたこともあり、
この夏は例年以上に山に注目が集まりそうです。
そこで今週は、山ファッションのトレンドやコーディネートのコツを、
アウトドアスタイルクリエイターの四角友里さんに伺いました。


<注目アイテム「山シャツ」>

定番の山の装いだったチェックのボタンシャツが進化し、
ギンガムチェックなど、チェックのパターンが多様に。
普段着の感覚で着られる無地のシャツも増えています。
以前はウールが主流でしたが、
化繊素材で消臭、防虫、UVカット機能などがついているシャツも登場。
以前は汚れやすいなどの理由から「白」は敬遠されていましたが、
最近は白いウエアも人気です。


<天然素材のメリノウール>

羊の毛からとられたチクチクしないメリノウールという素材が、
最近よく製品に取り入れられています。
ウールというと冬の温かい素材というイメージですが、
薄手のサマーウールという素材が出てきていて、
あまり汗が臭わなかったり、肌触り良く快適に着ることができます。
機能性の高い化繊のウエアが登場する一方で、
自然と寄り添うような気持で着られる天然素材も見直されているようです。


<ガレージメーカーで仲良しコーデ>

大きなアウトドアブランドではなく、個人でウエアやギアを作って
ネットなどで販売をする「ガレージメーカー」に人気が集まっています。
コンセプトが明確で、機能性が高く、洗練されたデザイン。
ガレージメーカーのアイテムをワンポイント取り入れ、
友達やカップルでテイストを合わせるとおしゃれに見えます。


<山初心者におすすめのレンタル>

山のアイテムを初心者が全て揃えるのは、コストがかかって大変かもしれません。
そこで、山以外でも使えるものから揃えていくのはどうでしょう?
アウトドア素材の製品の中には、街やキャンプ、ピクニックや運動会でも
役立つようなものがあるので、そういうのを買うと使う機会が増えるでしょう。
また最近は山のウエアのレンタルをできる会社も増えているので、
まずはレンタルから試してみるというのも一つの方法です。



四角友里ホームページ