DAIWA HOUSE Secret Notes

2017/07/25

夏のピアノ、ハワイアン・ジャズ・ピアノ-2-

1929年、オアフ島中部、ワヒアワで生まれ育った、
ハワイを代表するジャズ・ピアニスト、レネ・パウロさん。
今年88歳ですが、今も毎日、自宅でピアノに向かいます。
今月、ニューアルバム『ア・サマー・プレイス』をリリースしました。

レネ・パウロさんが生まれ育ったハワイ・・・
少年時代を過ごしたのは、1920年代から30年代のこと。
家の周囲は、パイナップル畑と、サトウキビ畑でした。

フィリピン移民の息子として生まれた、レネ・パウロさん。
お母さんがピアノを弾いていたことから、
すぐ自分も興味を持ち、幼くしてピアノ教師に学びました。
めきめきと才能を発揮し、ハイスクール卒業後は、
アメリカ東海岸の音楽の名門、ジュリアード音楽院へ。
ハワイ生まれでジュリアードに学んだ、最初期のひとりでした。

作曲からオーケストラまで、クラシック音楽を学びましたが、
ジャズのインプロビゼーション=即興性に引き込まれ、
やがて、ジャズ・ピアニストとしてデビューします。
そう、ハワイ生まれのジャズ・ピアニストの誕生でした。
1950年代には、アメリカの軍所属のピアニストとして、
世界各地を旅してまわり、ここ日本へもやって来ました。

「東京」を気に入ったレネさんは、1年半も日本に暮らし、
六本木、赤坂、銀座のクラブやラウンジで、
ジャズ・ピアノはもちろん、日本の歌なども奏でていたとか。
時代は1950年代。赤坂、六本木、どんな感じだったんでしょう?

西村由紀江 (ピアニスト/作曲家)

幼少より音楽の才能を認められ、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジ ア諸国への演奏旅行に参加し、絶賛を博す。
桐朋学園大学ピアノ科に入学と同時にデビュー。
年間60本を超えるコンサートで、全国各地を訪れる傍ら、ライフワークとして「学校コンサート」や「病院コンサート」も行っている。

Copyright © 2017 J-WAVE, Inc. All rights Reserved.

HOME J-WAVE