2013年02月28日

〜カサリンチュのあるがままSTYLE〜

今週のJ-WAVE PLUSは、カサリンチュが担当します。

kasarinchu_Artist_Photo.jpg

奄美大島出身・在住、サトウキビから砂糖を作る製糖工場で働きながら、自らもサトウキビ農家!のタツヒロ(写真・左)と、昼は弁当屋、夜は居酒屋で働くサーフィン大好きコウスケ(写真・右)がお送りする、ゆる〜い脱力系番組!

肩の力を抜いて、リラックスして聴いてください。

カサリンチュが歌う「あるがままに」が主題歌になっている
映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の監督・御法川修さんにカサリンチュを
選んだわけや、魅力についてお話いただきます。

su-chang.jpg


この映画の中にある大きなテーマ“日常の中にあるちいさな幸せ”ってなんだろうと、
カサリンチュが語りつくします。

3/3 夜10時からオンエア!

あなたの心に南国の風が吹き込みます!

いもーれ奄美!(奄美大島の言葉で、「ようこそ奄美!」の意味)

J-WAVE STAFF| 11:54 | カテゴリー:

2013年02月26日

HIDETOSHI NAKATA AT THE MOMENT

2月24日放送の「HIDETOSHI NAKATA AT THE MOMENT」。
別所哲也さんと中田英寿さんのトーク、いかがだったでしょうか?
実はおしゃべり好き、という中田さん、
本当に饒舌に、引退後の足取りと、どんな思いで、
今の活動に取り組んでいるのかを語ってくださいました。
IMG_1922.jpg

また、2月9日、横浜ロイヤルパークホテルで開催された、
ガラ・パーティーで、森田恭通さん、佐藤可士和さん、
幅允孝さん、そして、グッチのCEO、パトリッツィオ・デ・マルコさん
など、中田さんの活動に対する思いも語っていただきました。

当日展示されていた素敵な作品の数々・・・
SYOSAI.jpg

LOVE.jpg

SYANDERIA.jpg

GUCCI.jpg

J-WAVE STAFF| 11:22 | カテゴリー:

2013年02月19日

HIDETOSHI NAKATA AT THE MOMENT

元サッカー日本代表、中田英寿氏の、現役引退後から、
「今」の活動に迫る1時間。
ナビゲーターは、ヒデと公私共に交流の深い、別所哲也。

現役を引退した瞬間、世界を旅して見てきたもの、
そこから見えてきた日本という国・・・
ヒデの視線に迫ります。

また、ヒデの今の活動に賛同する、佐藤可士和さん、森田恭通さん、
GUCCIのCEO・パトリッツィオ・デ・マルコさんなどからのメッセージも
ご紹介していきます。

nakata.jpg


J-WAVE STAFF| 13:41 | カテゴリー:

2013年02月17日

横道世之介の青春(2月17日放送)

映画「横道世之介」主演の高良健吾さん、
監督の沖田修一さん、
そして、主題歌を書き下ろした
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんのお話、
いかがだったでしょうか?

映画の中で、横道世之介にとって、”カメラ”が、
とても重要な役割を果たします。
高良健吾さんは、普段はインスタグラムで写真を撮るそうですが、
今回は、横道世之介になりきり、
カメラを使って、スタジオの中を撮影して頂きました。

IMG_3145.jpg

IMG_3144.jpg

P1160783.jpg

IMG_3151.jpg

IMG_3150.jpg

J-WAVE STAFF| 22:50 | カテゴリー:

2013年02月14日

横道世之介の青春(2月17日放送)

2月23日公開の映画「横道世之介」の魅力に迫る1時間。
ナビゲーターは、
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文。
ゲストに、
沖田修一監督と、主演の高良健吾さんをお迎えし、
作品のキーワードでもある“青春”にまつわるトークや
撮影エピソードなどを伺っていきます。

IMG_3170.jpg


映画「横道世之介」公式サイト

http://yonosuke-movie.com/

J-WAVE STAFF| 01:31 | カテゴリー:

2013年02月10日

Force Club READING FOR YOUR HEART SPECIAL(2月10日放送)


秀島史香がお送りする朗読番組
「Force Club READING FOR YOUR HEART」の拡大版SP!

hideshima1.jpg

「あらしのよるに」シリーズから『くものきれまに』を朗読しました。

くものきれまに.jpg

著:木村 裕一 / 絵:あべ 弘士  講談社

「あらしのよる」お互いの姿が見えない真っ暗闇で出会った
オオカミのガブとヤギのメイ。食べるものと食べられるものという
葛藤を乗り越えて2匹は友だちになりました。
オオカミのガブとヤギのメイは、ソヨソヨとうげで会う約束をします。
でも、お互いなかまにはひみつ。ないしょのともだち。
ソヨソヨとうげに向かう途中のメイを心配してメイの友だちタプは、
何度も何度も注意しにやってきます。
さぁ、ガブとメイ、今度はどんな友情に出逢えたのでしょうか?

今回、オオカミのガブを演じて下さったのは、ぐっさんこと山口智充さん。

山口智充3.jpg

そして、ヤギのメイを永井美奈子さんが演じて下さいました。

nagai3.jpg

さらにもう1匹、メイの友だち、ヤギのタプは秀島史香が演じました。

朗読後、「役作り」や「読み聞かせ」についてこんなお話もありました。

(秀)「横目で見ていたら山口さんのお顔にキバが見えた(笑)」
(山)「ものまねもそうですが、その人になりきる時は鏡を見ない!
   鏡を見ると自分しか映っていないから冷めちゃう。
   だからガブも自分なりに妄想しながら朗読しました!」

(秀)「かたやチャーミングなお顔で読まれていました!」
(永)「有名な作品なのでメイに対する思いって皆さんあると思うんです。
   実は、私もその1人で娘の名前が同じなんです。この作品から付けました。
   中でも「わたしのなまえメイっていうんです。」って台詞は、
   すごく嬉しかったですね!」

(秀)「ご自宅では絵本を開くこと多いのでは?」
(山)「うちは結構読んでいる方だと思う。昨日も読みました。
   子供のためにっていうか自分が読んでいるのが好きですかね。」

(永)「絵本を読む時も一人何役みたいになりきるんですか?」
(山)「子供に絵本を渡されてほぼ初見が多い。
   キャラクターも2、3人ならいいが、中には5〜7人ぐらいでてくる時があるので
   途中で声のパターンがなくなるですよ!台詞も途中でたしたりして(笑)
   子供に「書いてないやん」ってつっこまれたりして。」

(永)「そうそう、子供も字が読めるようになったら
   ママうるさいっとか言います!早く次のページって、ちょっとさみしい〜。」

(山)「自分のこの幼稚園とかにも読み聞かせとか行くんです。
   その中で元にある絵本のお話を変えて読むんですよ、そしたら子供たちが
   ちがーう!!ってつっこむんです。そんなつっこむ余白を与える。
   子供が参加できる朗読は自分自身も楽しかったです。」

特番写真.jpg

今回はスペシャル企画として、54分間たっぷりと絵本の世界をご紹介しました。
そして、素晴らしいプロフェッショナルなお2人にも参加して頂き
嬉しい驚きと発見がたくさんありました!

引き続き、10分間の物語の世界へは
「Force Club READING FOR YOUR HEART」でお楽しみください。

【放送した音源はこちら】

mms://media.j-wave.co.jp/jwave/readingforyourheart/130210.wma


J-WAVE STAFF| 23:00 | カテゴリー:Force Club READING FOR YOUR HEART SPECIAL

2013年02月04日

Force Club READING FOR YOUR HEART SPECIAL(2月10日放送)

「J-WAVE PLUS Force Club READING FOR YOUR HEART SPECIAL」
2月10日(日) 22:00-22:54 OA

この春で1周年を迎えるレギュラープログラム
Force Club READING FOR YOUR HEART

秀島史香がお送りする朗読番組。
世界の名作から、今、人気の絵本まで
よりすぐりの物語の世界へ、
あなたを誘う10分間のイメージトリップ。

今回は、拡大版のスペシャル企画でお送りします。

朗読する絵本は、あの人気の「あらしのよるに」シリーズから
『くものきれまに』

くものきれまに.jpg

あらしのよる<秘密の友だち>になった
ヤギのメイとオオカミのガブのお話・・・。


特別ゲストには、山口智充さん、永井美奈子さん
山口智充2.jpg

nagai2.jpg

お二人をお迎えして、三人による読み聞かせのコラボレーション!


絵本や、物語、読み聞かせ、など、
気になるテーマで
三人による座談会も。

ふだんは味わえない日曜日のイメージトリップをご堪能ください。

J-WAVE STAFF| 05:00 | カテゴリー:Force Club READING FOR YOUR HEART SPECIAL

2013年02月03日

J-WAVE SPECIAL -MEDIA ARTS NOW!- (2月3日放送)

logo_media.jpg

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル。(公式HPより)
それが文化庁メディア芸術祭
1997年にスタートし、いまや世界中のアーティスト/クリエイティブたちが応募してくる、国際的なフェスティバルへと成長を続けています。
2月13日水曜日から24日日曜日、国立新美術館を中心に受賞作品展も開催されます。

ここに新しい時代がある!ここで新しい時代を体験する!

絶対に見逃せない展覧会を、DJ TAROのナビゲートで、プレビュウ!!!!
エンターテインメント部門で大賞を受賞した真鍋大度さんへのインタビューや、各部門の審査員に訊く、それぞれの部門の見どころ、etc....お楽しみアレ!


このページでは、各部門の大賞をご紹介!(オンエア順)
まずは、アート部門受賞作品! pen.jpg コレハイッタイナンダ?
と思ってしまう作品の名前は、スイスのアーティスト、ミシェル・デコステールさんと、アンドレ・デコステールさんによる『Pendulum Choir』(ペンデュラム・クワイア)。
台座の上に人が乗って、歌います。その台座が、ロボット磯巾着のように自在に動きます。一見すると、楽しそうに歌っているようですが・・・どこかに感じる違和感。
実は、その動きは機械に制御されています。私たちが、電気のない世界を想像できないようなことを象徴している作品。
13日水曜日と14日木曜日には東京ミッドタウンでパフォーマンスアリ!必見です!
第16回文化庁メディア芸術祭のページ イベントのところをクリック!!
続いては、アニメーション部門受賞作品! animation.jpg AKIRAの大友克洋さんによる短編作品、「火要鎮」(ひのようじん)。
これぞ日本のアニメーション!と感じさせてくれる革新的な表現。江戸時代の日本画の世界を、大友さんならではの世界に仕上げています。細かいタネあかしは、、、ここでは無し。ぜひ、上映会で!
次は、マンガ部門! manga.jpg 大賞受賞作品は、なんと日本人ではありません!フランスのブノワ・ペータースさんと、ベルギーのフランソワ・スクイテンさんによる「闇の国々」という作品。
すでに世界的にも高く評価されている作品ですが、昨年日本語版が出版されたのを機に応募されてきました。
4つ目はエンターテインメント部門! entertainment.jpg 大賞受賞作品は、Perfume Global Site Project。Perfumeの世界デビューを機に展開されたプロジェクトは、このプロジェクトのためのオリジナルの楽曲と、Perfumeのダンスの3Dデータをオープンソースとして提供。世界中のクリエイターが、プロアマ問わず、そのデータを使って自由な表現を発表したというもの。ネットの中の二次創作のカルチャーが反応しました。これはもう見るしかないです!
そのPerfume Global Site Projectを手掛けた真鍋大度さんとトークセッション! manabetaro.jpg www.perfume-global.com
Youtube上の映像集
第16回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
会期:2013年2月13日(水)〜2月24日(日)
入場無料
メイン会場:国立新美術館
サテライト会場:シネマート六本木/東京ミッドタウン/スーパー・デラックス
J-WAVE STAFF| 22:54 | カテゴリー:


2017年 6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


バックナンバー

カテゴリー