2013年01月27日

森本千絵〜音の風景〜 (1月27日放送)


morimoto0127.jpg 森本千絵(コミュニケーションディレクター)
現在、神宮前のon Sundaysで初めての個展を開催中。広告界で、今、最も注目されるクリエイターのひとり。敬愛する佐治晴夫博士と高木正勝さんをお招きして、トークショーを企画。当番組ナビゲーター。
佐治晴夫(理学博士)
1977年に打ち上げられた宇宙探査船ボイジャーに「グレン・グールドが演奏するバッハの平均律クラヴィーア曲集を載せよう」と発案した人。宇宙物理学者でありながら、パイプオルガンをも演奏する音楽好き。
saji.jpg
takagi.jpg高木正勝(ピアニスト/映像作家)
「おおかみこどもの雨と雪」などの映画音楽を始め、音楽と映像の世界で活躍。森本千絵と「TOYOTA夢のクルマアートコンテスト」「ONWARD 組曲」「KDDI sorato」などを手掛けています。

talk1.jpg1月20日夜。神宮前のon Sundaysの地下。

壁一面の大きな書棚に囲まれた中でトークショーが開催されました。

ご来場頂いた皆さんだけでなく、本の中の住人たちも、トークショーの観客のよう。

この空間がすでに小宇宙!
繰り広げられる、「音」の話、「宇宙」の話・・・

実は、中2階にも沢山の人がいるんです。ひとつの平面上に存在するだけではない空間の立体感。やっぱり宇宙的!

そして写真では見えにくいですが、トークショー出演者と、最前列のお客様の距離は極近!。膝と膝が触れ合いそうな近さです。

そして、舞台右側にはキーボードが・・・。もちろん高木さんの演奏のものなのですが、実は、このキーボードには秘密があります。
talk2.jpg
prius.jpg
会場の外には、TOYOTAのプラグインハイブリッドカー、PRIUS PHVが!実は、演奏するキーボードの電力は、このPRIUS PHVから供給しています。



会場となっているon Sundaysでは、現在森本千絵初めての個展「en°木の実 展」を開催中!1月27日までの予定でしたら、2月3日日曜日までに会期延長しました!こんな作品がズラリ! z5.jpg 森本千絵の物作りのインスピレーションになったものたちがいっぱい!不思議な空間へ、是非、足を運んでください。
on Sundaysのページ
では改めてトークショーへ。
z_1.jpg 佐治先生の「45億年ぶりにこんばんわ」という挨拶でスタートしたトークショー。
「私たちは45億年前に、原子の形で太陽の周りを一緒に回っていたじゃないですか。」という一言。初めてであった人たちばかりなのに、その瞬間に会場がひとつの宇宙になりました。
トークに続いては、高木さんの演奏。会場のエネルギーを吸い込んだ渾身のgirls。そして佐治先生はボイジャーに搭載されて宇宙を飛んでいるバッハ=「地球から一番遠いところにある音楽」 を演奏。
本に囲まれた小宇宙では、いつもより早く時間が過ぎるような、時間という物差しさえも存在しないような、一瞬の永遠が生まれました。

高木正勝さんにとって「音」とは?
「耳で聴くものだから、耳で楽しむものというのがありなんですけど、たとえば目で見る写真とか映像とかありますよね、あれと同じで記録しておくもの。何か、自分の動きだったり、特に映像とビデオカメラとかの映像と近いと思うんですけど。」
z4.jpg
「ある、自分の持っている動きだったり、たとえば農家の方だったら農業するときの動きだったり、自分の身体にしみついた動きを、音として記録できるものだなあ、と思って、そういう意味で、改めてイロイロな音楽聴いてみると、その人が持っているカラダが見えてくるというのに気が付いて、なにか音楽の聴き方が変わって、表現というよりは、その人の身体とか生活を見ている気がして、この人こういうリズムで生きてんだ、と、そういう風に見えるようになって、面白いと思います。」

z3.jpg佐治晴夫先生にとって「音」とは?
「人間はひとりでは生きられない生き物なんですね。そうすると、ひとりで生きられないということは、コミュニケーションが必要になりますね。コミュニケーションにはいろいろありますが、最も根源的なコミュニケーションというのが音によるコミュニケーションなんですね。」
「そういったことで、音というのは人類にとって一番重要なコミュニケーションということについて、音については非常に興味があります。」

もしかしたら今度は森本プロデュースで、佐治先生と高木さんが一緒に絵をかいたり・・・。そんなイベントもある、、、かも?を予感させる一夜でした。次回を楽しみにせずにはいられません。

番組で伝えきれなかった素敵なお話もいっぱいでした。
聴きたいですか?
では、時間を巻き戻す秘密の方法をお教えしましょう。
それは、ココをクリック
J-WAVE STAFF| 22:51 | カテゴリー:

2013年01月20日

音楽と詩の美しい関係に迫る-poetry of rock-


今夜のJ-WAVE PLUSは、
パティ・スミスと志磨遼平(ドレスコーズ)が対談!
音楽と詩の美しい関係に迫る"poetry of rock"をお届け。

R0014130.JPG

詩とはなんなのか。

音楽、ポップス、ロックにおける詩の役割を考えていきます。

そしてパティ・スミスとの対談、
作詞家、森雪之丞さんへのインタビュー、
オノ・ヨーコさんのインタビューの模様もお届け。


J-WAVE STAFF| 21:56 | カテゴリー:

2013年01月17日

“音楽と詩の美しい関係”に迫る〜poetry of rock


詩の世界から導かれる音楽。
音楽から紡ぎ出される一遍の詩。
ロックと詩が共存するとき…。

ドレスコーズのフロントマとして活動し、
現代ロックのカリスマとも言われる志磨遼平が
“音楽と詩の美しい関係”をテーマに
生放送でお届けするオンリー・ワン・プログラム。

patti_shima.png

「J-WAVE PLUS〜poetry of rock」
1月20日(日) 22:00-22:54 OA
Navigator:志磨遼平(ドレスコーズ)

◇クイーン・オブ・パンク、パティ・スミスとの対談
1960年代後半から音楽家、詩人として
長きに渡って活動を続けるパティ・スミスに対し、
文学の造詣が深い志磨が何を質問し、どう斬り込むのか!?

◇詩人、森雪之丞さんへのインタビュー
日本ロック史に多大な影響を与え続ける
大御所作詞家に志磨が直撃!
時代、世代を超える“音楽と詩の関係”とは。

パティ・スミス:
今回、10年ぶりとなる単独来日ツアーの為に来日。
今月22日から仙台を皮切りに全国ツアーがスタート。
去年12月には自身の青春回想録「ジャスト・キッズ」と
詩集「無垢の予兆」を二冊同時発売。

PattiSmith2.jpg

ドレスコーズ:
志磨遼平(Vo)、丸山康太(G)、菅大智(Dr)、山中治雄(B)によるロックバンド。
去年12月に1stアルバム「the dresscodes」をリリースし、
今月23日から全国ツアー”the dresscodes TOUR 1954”がスタート。
京都磔磔から10箇所を回り、ファイナルは3月8日(金)東京・日本青年館。

shima2.jpg

※写真は志磨遼平自宅で撮影
TOKYO REAL-EYESナビゲーター藤田琢己氏と)

J-WAVE STAFF| 21:14 | カテゴリー:

2013年01月10日

1/13O.A.!AMIAYAのツインナビゲートでお送りする『TOKYO POP』!

今月1月23日にメジャーデビューアルバム
「TOKYO POP」をリリースする双子デュオ、
AMIAYAがナビゲート。

amiaya0113.jpg

今回のJ-WAVE PLUSはオールロケ!
東京にあふれる『TOKYO POP』を探しにいきます!

AMIAYA_TOKYOPOP.jpgのサムネール画像

AMIAYAがスタジオを飛び出し、
渋谷、原宿、秋葉原など、東京の街から
音楽、ファッション、など今1番クールなTOKYO POPをお届け!

amiayashibuya.JPG

amiayaakiba.JPG

さらに!

・VOGUE girl編集部クリエイティブ・ディレクターの
 軍地彩弓さん

・木村カエラのCDジャケットなどを手がける、
 アートディレクター、吉田ユニさん

・サカナクションやPERFUMEのMVでお馴染みの
 映像ディレクター、関和亮さん

・注目のエレクトロデュオ、THE LOWBROWS

などなど、

いま旬なクリエーターがコメントで登場!

さらに!

放送日にはO.A.と同時進行で、
AMIAYAオフィシャルTwitterで、
収録時の写真を投稿していきます!

amiaya_sab_mini.jpg

放送を聴きながら、Twitterで画もお楽しみください!

放送は1月13日(日)22時スタートです!

J-WAVE STAFF| 01:10 | カテゴリー:


2017年 6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


バックナンバー

カテゴリー