2010年09月29日

J-WAVE SPECIAL 〜TARO HAKASE 20th Anniversary〜

今年デビュー20周年を迎えた葉加瀬太郎。
クラシックとポップスを融合させたクライズラー&カンパニーの活動から始まり、
セリーヌ・ディオンとの世界ツアー、情熱大陸LIVE、自身が音楽監督を務める
HATS UNLIMITEDの設立・・・常に時代を切り開いてきました。

この番組では、そんな葉加瀬太郎の20年の軌跡、そしてこれからを、
関係者のコメントや貴重な音源を交えながら本人が自ら語ります。

hakase_p.jpg

J-WAVE STAFF| 13:37 | カテゴリー:

2010年09月27日

亀田誠治&クリス智子のペアで、百年音楽をお届け!

J-WAVEウィーク・デイ朝のプログラム、BOOM TOWNの、
『 BURBERRY FACE TO FACE〜OVER THE CLASSIC』で募集しました、
“100年後にも残したい音楽”を、
リスナーの皆さんの“キモチ”と一緒に、1時間に凝縮。
過去から現在、そして、未来への懸け橋となる曲を、
BOOM TOWNナビゲーターのクリス智子と
音楽プロデューサーの亀田誠治さんのペアで、ご紹介しました。

ハッピーな時、嬉しい時、悲しくて落ち込んでいる時・・・
日々感情が動くわたしたちは、音楽と共に幸せな気分になったり、
勇気付けられたりしています。
忘れられない思い出が蘇ってくるのも、
大好きなメロディに包まれた時ではないでしょうか?
そんな曲の数々を、お届けしましたが、
皆さんの「百年音楽」は、どんな曲なんでしょうか??

♪DANCING QUEEN / ABBA

♪愛をこめて花束を / SUPERFLY

♪カモンナ・マイ・ハウス / 江利チエミ

♪上を向いて歩こう / 坂本九

♪ハナミズキ / 一青窈

♪卒業写真 / 荒井由実

♪HEAL THE WORLD / MICHAEL JACKSON

♪YOU'VE GOT A FRIEND / CAROLE KING

♪瞳をとじて / 平井堅

J-WAVE STAFF| 10:02 | カテゴリー:

2010年09月14日

女優の小雪さんが様々な音楽との出会いのエピソードをご紹介

c_0022_0426.jpg

Panasonic 「Life Time Music」

誰もが長い人生を歩く過程で、今までの価値観やライフスタイルをも変えてしまう様な音楽の出会いがきっとあるはず。

また、この曲を聴くと元気になれる、リフレッシュできる、癒される・・・
そんな自身の“テーマ曲”とも言うべき日常に寄り添う音楽を持っている方も少なくないでしょう。

『Life Time Music』ではラジオや大切な人が繋いでくれた素敵な音楽との出会いを、
そのエピソードと共に女優の小雪さんのナビゲートで紹介します。

J-WAVE STAFF| 10:09 | カテゴリー:

2010年09月06日

俳優・森山未來が キリンジの不思議な世界をストーリーテリング

9月11日(土)24:00〜25:00のJ-WAVE SPECIALは、

『J-WAVE SPECIAL KIRINJI IN WONDERLAND 〜夜に浮かぶ〜』

%A5%AD%A5%EA%A5%F3%A5%B8_%A5%E1%A5%A4%A5%F3A%BC%CC%BE%AE.jpg

9月1日にリリースされたキリンジのニューアルバム「BUOYANCY(ボイエンシー)」。
<浮力>を意味するこのアルバムの世界観をストーリー仕立てで表現していきます。

51cQIg7nojL._SL500_AA300_.jpg

ストーリーテラーは若手実力派俳優として注目される森山未來

%BF%B9%BB%B3%CC%A4%D0%D4.jpg


 土曜日の深夜24時。
 同じ時間に、違う場所で、3組の男女が交わす会話。
 アンモナイトは何を語るのか。
 月世界の人々はどこへ行ったのか。
 真夜中の滑り台から見える景色は・・・・・


アルバム収録曲にインスパイアされた3編のショート・ストーリー
キリンジファンの森山未來が初挑戦するストーリーテリングと、キリンジの楽曲とのコラボレーション。

今宵、あなたをBUOYANCYの世界に誘います。

J-WAVE STAFF| 08:23 | カテゴリー:

2010年09月04日

welcome to K-POP world!!

今日のJ-WAVE SPECIALは・・・
ソンインドル宮本絢子が、K-POP NOWをお届けしました。
ゲストにお迎えしたのはK-POPジャーナリストの古家正亨さん!!

◆◆少女時代◆◆
『Genie』をお届けしました。日本デビュー曲。
先日の有明コロシアムのライブも2万人以上が集まり大盛況!!
女の子の憧れです。
girlsgeneration_edit.jpg


◆◆KARA◆◆
劇団ひとりさんも大ファンという5人組KARA。
お尻フィーチャーのヒップダンスが話題に。各チャートの1位を席巻。
『ミスター』をお送りしました。
kara_edit.jpg


◆◆BIGBANG◆◆
ご存知BIGBANGの最新シングルは、
アッパーチューン『BEAUTIFUL HUNGOVER』。
ハイレベルなライブパフォーマンスにも圧巻です。
bigbang_edit.jpg


◆◆Super Junior◆◆
「SORRY, SORRY」のたたみかけるようなメロディが大ヒットに!
こうしたフックソングがヒットの方程式になっています。
superjunior_edit.jpg


◆◆BEAST◆◆
“B2ST”と表記したりしていますが、頂点を目指す少年たち、
という意味が込められています。
beast_edit.jpg


◆◆2PM◆◆
プロデューサーは、“韓国のマイケル・ジャクソン”と言われています。
いろんなトラブルも勃発していましたが、現在は活動再開。
日本進出も期待の6人グループです。

◆◆SHINee◆◆
いま韓国のK-POPシーンで最も輝くSHINee。
2008年にデビュー!第二の東方神起として大注目されています。
親近感のわくかわいらしさがあったのですが、近頃はワイルドに変身。
shinee_edit.jpg


◆◆4minute◆◆
韓国の20代が選ぶ“もっとも影響力があるスター20人”を表彰する授賞式で、
ガールズグループの中から選ばれたのが4minute。
韓国の女の子たちのポップアイコンです。
4minute_edit.jpg


◆◆Wondergirls◆◆
ジョン・トラボルタを意識した振付の『TELL ME』で大ヒット。
“テルミーシンドローム”を生み出した5人組。
アメリカ進出し、ビルビードシングルHOT100にチャートイン!
wondergirls_edit.jpg


◆◆Brown Eyed Girls◆◆
R&Bヴォーカルグループとしてデビューした4人組。
ガールズグループに珍しい、アラサーの“シンインドル(成人アイドル)”グループ。
大人の女性の魅力です♪ 8/25に日本デビューも果たしています。
browneyedgirls_edit.jpg


◆◆2NE1◆◆
BIGBANGの妹分といわれる4人組。『I DON'T CARE』をお聴きいただきました。
同世代の恋愛を描いた曲。
フィリピンのBoAといわれたサンダラ・パクにも注目です。
2ne1.jpg


◆◆Infinite◆◆
まだデビューして3ヶ月!初々しいけれどもポストBIGBANGとして期待されます。
夏らしい爽やか〜なナンバー『SHE'S BACK』をお届けしました。
infinite_edit.jpg


さて、ここで日本で言う“シブヤ系”のようなインディーズシーンもチェック。
今、韓国でアツイんです。


韓国のm-flo!
HOUSE RULEZ
韓国のクラブシーンで大注目されています。


韓国のカーペンターズ!
HERMIN
ピアノ系シンガーソングライター。
実は、古家さんの奥さま!!!!


韓国のシブヤ系!
PEPPERTONES
ピチカートファイブやシンバルズの影響を受けています。


韓国のミスチル+スピッツ!
NO REPLY
flumpoolも彷彿とさせるような、美メロロック!


韓国の大塚愛!
YoZho
自らギターを弾きながら。めっちゃかわいいので、ナチュラルなファッションアイコンに。


インディーズ界を大きく変えたのが・・・
チャンギハと顔たち
2009年、“チャン・ギハ現象”を巻き起こしたというほど。
アイドル主流なシーンでは逆行するような世界観を持ったサウンドが、
韓国の若者に大きく受け入れられました。

J-WAVE STAFF| 16:00 | カテゴリー:

2010年09月02日

K-POP なぅ!!

少女時代、KARA、BIGBANG・・・

太い低音に、ボコーダー、エレクトロ色が強いダンサブルなポップ!!

K-POPにハマる人急増中。
というわけで・・・

今週のJ-WAVE SPECIALは、
『K-POP NOW』と題して、とっっってもディープなK-POPの世界へ
みなさまをご案内します♪

ナビゲーターは、“ソンインドル”宮本絢子。

miyamoto.jpg

ゲストは、K-POPのスペシャリスト、古家正亨さん!!

Check it out!!!!

J-WAVE STAFF| 02:48 | カテゴリー:


2017年 6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


バックナンバー

カテゴリー