CUTTING EDGE
2 0 1 6 1 2 0 9
「パク・クネ大統領の弾劾を求める議案が可決された韓国。 気になる今後の展開は?」(ゲスト:共同通信社でソウル支局長もされていた、共同通信社客員論説委員 平井久志さん)

きょう午後、韓国のパク・クネ大統領の親友、チェ・スンシル被告による
国政介入事件をめぐり、韓国の国会は、パク大統領の弾劾訴追案を賛成多数で可決しました。

定数300のなか、投票総数は299で、可決に必要な3分の2を大幅にこえる234が賛成でした。
賛成すると見られていた野党と無所属の議員は合計で172人。
単純に考えると、与党セヌリ党の半数近くがパク氏に造反した形になっています。

パク氏は職務停止となり、ファン・ギョアン首相が職務を代行。
憲法裁判所が180日以内にパク氏の罷免が妥当かどうか審判を下すわけですが…

今夜は、今回の結果と気になる今後の韓国の動きについて、この方に伺います。
共同通信社でソウル支局長もされていた、共同通信社客員論説委員
平井久志さんにお話を伺います。