CUTTING EDGE
2 0 1 7 0 3 2 4
森友学園に、「神風」はなぜ吹いたのか、 官僚は何に突き動かされたのか?(TEL:元文部科学省官房審議官で、京都造形芸術大学教授の寺脇研さん)

森友学園問題を巡り、きのう籠池理事長の証人喚問が行われました。
激しい攻防戦が行われたものの、多くの謎は明らかになりませんでした。

そんななか、安倍総理の昭恵夫人付きの官僚から籠池氏にあてに送られたファックスの内容が明らかにされました。
ファックスは、豊中市の国有地の借地契約の期間を長くしてもらおうと、籠池氏が昭恵夫人の留守電にメッセージを残し、
後日、昭恵夫人付きの官僚から送られてきたもので、「なかなか難しい。希望に沿うことはできない」というものでした。
これが事実なら昭恵氏が「口利き」に関与した可能性も出てくるわけですが…

政府は、ファックスは籠池氏側が官僚に送った陳情書に対する返答だと説明しています。

そこで今夜は、「神風」はなぜ吹いたのか、官僚は何に突き動かされたのか?
元文部科学省官房審議官で、京都造形芸術大学教授の寺脇研さんにお話を伺います。