1. 相模原殺傷1年、市民ら献花 「悲劇を二度と繰り返さない」
2. 警視庁、DV被害者転居費負担へ 上限7万円、8月から運用開始
3. 連合「残業代ゼロ」容認撤回へ 労基法改正案、政労使合意見送り
4. 米司法長官を公然と非難 トランプ氏「非常に失望」
5. 北朝鮮、来年にも核搭載ICBM配備か
6. <リビア>対立勢力が停戦合意、来春にも大統領選 仏が仲介
 
今夜、みなさんから募集するメッセージのテーマはこちらです!
『相模原障害者施設殺傷事件の匿名報道にひとこと』    

殺人事件が起きると、警察は通常、被害者を実名で発表しますが、
相模原の事件では被害者の年齢と性別のみの発表で、名前は匿名でした。
今後開かれる見通しの裁判員裁判でも
被害者を匿名にして審理することが決定しています。
みなさんは事件の犠牲者が匿名となっていることについて、どう思いますか?

メッセージを送る

アメリカのトランプ大統領によるセッションズ司法長官解任の動きについて,
上智大学総合グローバル学部教授、 前嶋和弘さんにお話を伺います。

事件から1年、相模原障害者施設殺傷事件について、
RKB毎日放送・東京報道部長 神戸金史さんと考えます。

人生の終わりを考える活動、いわゆる “終活”の1つとして、
生きているうちに身の回りの物を整理しておく“生前整理”に
注目が集まっています。いったい、どんなものなのでしょうか?
そこで、今週は、この“生前整理”について詳しく紹介しています。
現在発売中の書籍『定年前に始める生前整理』の著者
古堅純子さんにお話を伺います。

 

仙台短編文学賞について,
実行委員会事務局の川元茂さんにお話を伺います。

 

雑誌ソトコト統括編集長の小黒一三が、ゲストを迎えてその活動の中にあるロハスを探る10分間。
今週は、編集者で農家の小倉崇さんをお迎えしています。

今夜は『農業団体「weekend farmers」の活動、相模原市 藤野と渋谷での農業活動について。』

津田大介
堀潤
安田菜津紀
萱野稔人
青木理