15minutes
2 0 0 9 0 4 1 0
人間は何故、落書きをしてしまうのか?

今年2月、ポップアート作家の奈良美智さんが、ニューヨークの地下鉄構内に落書きをしたとして
アメリカの警察に身柄を拘束されるというニュースがありました。
さらに先月4日、世界文化遺産にも登録されている国宝「姫路城」の木製の壁に、
相合い傘や人の名前が刻まれているなどの落書きが100個以上見つかり問題となっています。
なかには、昭和26年と刻まれた、50年以上も前の落書きも発見されているそうです。

そこで今夜は、日本で落書き被害を伝えるニュースがあったとき、
必ずといっていいほど、この方のコメントが紹介されているという、
落書き研究の第一人者である東京都市大学 工学部建築学科 准教授の
小林茂雄さんですをお迎えして、「人間は何故、落書きをしてしまうのか?」
「落書き撲滅の方法」について、考えてみたいと思います。




小林茂雄さんのホームページはコチラ