遠く離れた相手にふとした思いを届けるIoT×鳩時計
「OQTA Clock」

ONAIR:2017.12.8

OQTA Clock
高橋浄久(OQTA株式会社 Chief Creative Officer & Co-Founder)
https://www.oqta.com/

日常の何気ない瞬間、ふと実家の両親や、田舎のおばあちゃんを思い出すことはありませんか?
「元気にしてるかな?」「いつもありがとう」。そんな人が人を思う気持ちを「音」で届けることができる鳩時計型 IoTデバイスが「OQTA Clock」。
大切な人のことを思い出した時、専用のスマートフォンアプリのボタンをタップ、すると相手のもとにある鳩時計の音が鳴り、
その音を聴いた人は “今、誰かが思ってくれた” ということがわかります。
OQTAは8を意味し、大切な人と、その人を思う8人以下の人数で構成される音のコミュニケーションサービスです。
忙しいのを理由に連絡がとれていなかった家族や大切な人と自然な形でコミュニケーションをとることが可能です。