SPONAVIの最新記事


今日の「SPONAVI」は、
現在カナダで開催中のFIFA女子ワールドカップ カナダ2015。

連覇を目指すなでしこジャパンは予選グループC組、
スイス、カメルーン、エクアドルに3連勝で、首位で決勝トーナメント進出。
決勝トーナメント1回戦、対戦相手はA組3位のオランダに決まりました。

連覇へ、なでしこジャパンの手応えと課題、現地カナダで取材中の
スポーツキャスター、日々野真理さんに伺いました。

・なでしこジャパン、決勝トーナメント初戦の対戦相手が
 世界ランキング12位のオランダに決まりました
 比較的やりやすい相手と見ていいんでしょうか?

 グループリーグの対戦国3か国は初出場。オランダも初出場。未知の国。
 侮れない相手ですが、別の山を見ると、あっちに行かなくてよかったと思う!

・グループリーグ3戦全勝のなでしこですが、楽な試合はありませんでした。
 日比野さんは予選3試合ご覧になって、どんな感想ですか?

 佐々木監督の狙い、全員試せたのは良かった。
 安藤選手が凄く良いコンディションで、周りとの連携も良かったので、
 ケガによる離脱がいたかった。連動、連携という部分で課題が残ったし、
 得点が少なかった原因もその辺にある。

 岩太選手の復帰は明るい材料。グループリーグで試せて、流れも変えて、
 本人も手ごたえを感じた。


・当の選手たち本人は、この3試合、手応えと課題、
 どのように話していますか?
 
 攻撃面でのパターンは作れたが得点に繋がらなかった。
 気になる人工芝の影響については、バウンドのイレギュラーがある。
 ターンする時に力が入らないことがある。パスは強めにとはいうものの、
 それほど影響は感じていない様子。


・優勝を狙うチームにとっては、血相トーナメントからが本番。
 連覇のために、今のなでしこにプラス、何が必要になって来るでしょう?

 チームとしては、前回大家の経験者が多いことが良い方向に来ている。
 トーナメントを勝ち抜くこと、長いスパンで考えている。

 勝ち抜くためには、安藤選手が抜けて落ちた連携のアップ。菅沢選手の成長。
 キープレーヤーは大儀見、菅沢、そして岩渕…。

今夜は、カナダで行われているサッカー女子のワールドカップ、
連覇を狙うなでしこジャパンについて、現地、カナダで取材中の
スポーツキャスター、日々野真理さんに伺いました。


ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246

?