SPONAVIの最新記事


今夜の「SPONAVI」が注目するのは、
来週、いよいよ開幕する世界最高峰のラグビーリーグ、スーパーラグビー!

「CURIOUSCOPE」の五郎丸歩選手インタビューでもお話しましたが
スーパーラグビーは1996年に発足した、
エンターテインメント性の高いプレーを売りに
世界のプロラグビーを牽引してきた世界一のリーグです。

昨シーズンまでは、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアという
事実上の世界3強国のチームで構成されてきたんですが、
今シーズン、リーグのチーム数が拡大されることになり、
日本から、サンウルブズが参入することになりました。

来週の土曜、27日、秩父宮ラグビー場で行われる南アフリカの
ライオンズとの初戦を前に、サンウルブズ魅力を探って、
応援の予行演習!


お話を伺ったのは、日本代表の中心メンバーとしてワールドカップで大活躍。
今シーズン、所属するパナソニックワイルドナイツをトップリーグ優勝に導き、
リーグMVPも受賞しました。
サンウルブズの初代キャプテン、堀江翔太選手!

s horie.jpg

Q. トップリーグ優勝、そしてMVPおめでとうございます。
 ワールドカップから、嬉しいけど長いシーズンになってますが、
 疲れはありませんか?

→疲れているけど、今やらなきゃだめ!


Q. サンウルブズの指導から、準備期間があまりありませんが、
 現在のチームの状態、いかがですか?

→チームの理解力が高く、だんだんよくなっている。
 あとは体とメンタルをどこまであげていけるか。


Q. いよいよスーパーラグビーが開幕します。
 オーストラリアのチーム、レベルズでスーパーラグビーの経験がある
 堀江選手に、プレーしたから話せるスーパーラグビーの凄さ、
 改めて、教えていただけますか?

→単純に、足が早い、フィジカルが強いなど、
 個人での能力が凄い。


Q. ワールドカップからラグビーに目覚めたリスナーに、
 サンウルブズについても、どういうチームなのか、お話頂けますか?

→人が集まらなければチームがなくなる。
 若い人に夢と目標を残せて、世界と日本の架け橋になればいいと
 思ったことがきっかけ。


Q. 他のスポーツに比べても、とりわけラグビーはゲームの中でキャプテンが
 重要な役割を果たします。
 もう一つの日本代表と言っていい、サンウルブズの初代キャプテンとして
 堀江選手は、どんな風にチームを引っ張っていきたいと思っていますか?

→「チームで戦う」
 何度倒れても立ち向かっていく姿勢を大事にしたい。


今夜は、来週の土曜、27日に南アフリカのライオンズと
記念すべきスーパーラグビー初戦を戦う日本チーム、サンウルブズの
キャプテン、堀江翔太選手にお話を伺いました。


ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265

?