SPONAVIの最新記事

競泳日本選手権!


今夜、「SPONAVI」が注目したのは、
連日、オリンピック代表をかけた熱い戦いが繰り広げられている
競泳の日本選手権!


競泳のオリンピック代表選考は一発勝負。
リオ・デ・ジャネイロ オリンピックに出場するためには
日本選手権で種目ごとに2位以内に入って
しかも、水泳連盟が設定した標準記録をクリアしなければなりません。


日本水泳界の生きるレジェンド、北島康介選手が
100メートル平泳ぎで、2位となりながらも
標準記録をクリアできずに、出場権獲得はなりませんでした。


北島選手は、今夜行われる、200メートル平泳ぎ決勝に
5大会連続出場をかけて臨みます。


注目のレースの行方、オリンピック出場を決めた選手について
オリンピック選考の厳しさを知る
シドニーオリンピック競泳女子日本代表、
萩原智子さんに電話で伺いました!


Q. 競泳の日本選手権は毎年ありますが、オリンピック出場がかかる
 オリンピックイヤーの大会は、選手にとってどういう大会なんですか?

・全体のレベルアップも含め、
 

Q. 実績のある選手が苦しむ一方で、若い力も出てきています。
 高校1年生、女子100メートルバタフライと池江璃花子選手
 同じく高校1年生、女子200メートル個人メドレーの今井月選手
 女子200メートルバタフライの高校2年生の長谷川涼香選手、
 東京オリンピック世代と呼ばれる選手が出てきたことの背景には
 何があるんでしょう?

・2020年のオリンピックが決まった事での
 モチベーションが大きいのではないか。

・長年、強化選手の育成に力を入れていた!
 

Q. その他に、大会4日目までで、萩原選手が驚かされた選手、
 オリンピック本番が楽しみな選手は誰ですか?

・女子100M平泳ぎの鈴木聡美選手。
 4年前のロンドンでメダルを3つ獲得した選手!
 
 近年では国内でも全く勝てなかったのですが、
 そんな彼女が出場権を獲得。期待している。


Q. 日曜まで大会は続きます。
 これからの注目のレース、注目選手、教えていただけますか?

・明日、男子200M個人メドレー!
 瀬戸大也選手、萩野公介選手の活躍に期待!


今夜は、現在開催中の競泳の日本選手権について
元オリンピック代表、萩原智子さんに伺いました。


ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262

?