SPONAVIの最新記事

夏の甲子園、地区予選!


今夜の「SPONAVI」がピックアップしたのは、
今、真っ盛りの夏の甲子園、地区予選!


沖縄の嘉手納、北北海道・クラーク国際、
青森・八戸学院光星、山形・鶴岡東と次々と代表校が決まってきています。


伝統校が勝ち進む県もあれば
昨日、プロ注目のエース・高山優希投手擁する大阪桐蔭が
関大北陽に敗れて、春夏連続出場を逃すなど、
強豪校の敗退の波乱も全国で続出。
ドラマチックな展開から、目が離せない状況となっています。

そんな地区予選のドラマ、注目選手を
連日取材で全国を飛び回っているスポーツライター、
小関順二さんに伺いました!

Q. 今年の地区予選、ここまでの一番のドラマは何ですか?

・PL学園のラストゲーム、観に行きましたけど、悲しかったですね。
 PLは古い高校野球を新しくして、全てを変えた高校。

・1970年から2009年まで40年間強かった。こんなチーム他にはない。

・プロを輩出する数も、活躍する数もダントツ。
 智弁和歌山や明徳は比べ物にならないし、横浜や帝京も足元にも及ばない。

Q. ドラマ以外、ここまでの地区予選で、
ドラフト研究の第一人者としての目で見て、注目した選手は誰ですか?

・須磨翔風の才木浩人投手

・報徳学園の中本光紀投手


Q. J-WAVEのリスナーが観に行ける関東の選手ではどうですか?

・横浜高校の159キロ右腕、藤平尚真投手。

・東海大市原望洋高校の島 孝明投手、最速154キロ


Q. 今年の特徴として、全国に最速150キロオーバーのピッチャーが
 数多く出てきたように感じますが、いかがですか?

・150キロ以上が当たり前の時代に入ってきた。

・甲子園で最初に150キロ出したのは、松坂、新垣だったと思う。

・松坂はあらゆる面で革命児。

・ウェイトトレーニングを誰もがやるようになって、150キロ続出した。


今夜は、今真っ盛りの、夏の甲子園、地区予選について
スポーツライターの小関順二さんに伺いました。

ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261

?