SPONAVIの最新記事


今夜、「SPONAVI」が注目したのは、
8日、川崎市の等々力陸上競技場で開催される
セイコーゴールデングランプリ陸上2016です。


リオデジャネイロ・オリンピック代表選考会も兼ねたこの大会は
国際陸連が主催する「IAAFワールドチャレンジ」として位置づけられていて、
各種目に世界ランキング50位以内の選手が
4名以上参加することになっています。


特に、桐生祥秀とサニブラウン・ハキームの初対決で注目される
男子100メートルには、昨年の世界陸上銀メダル、アメリカの
ジャスティン・ガトリンが出場することになっていて、
世界を意識した戦いが期待されています。


桐生やサニブラウンはガトリンに勝てるのか!?
日本人初の9秒台が出る可能性は!?
今大会の見どころを、北京オリンピック4×100メートルリレー
銅メダリスト、朝原宣治さんに伺いました!


Q. やはり最大の注目は、男子100メートルということになりますか?

・桐生祥秀、山縣亮太、二人の日本人に初の9秒台の期待がかかる。
・オリンピックを考えると、5月の頭はバリバリのピークじゃない。
 2人からすると、タイムがほしい。タイムを出して、
 安心して6月の日本選手権に臨みたい。
 山縣選手はA標準を切らないとオリンピックに出られない。余計、タイムがほしい。


Q. 驚異の高校生、サニブラウン選手の名前が出てきませんが、
 桐生、山縣の二人には、まだ一歩及ばないということでしょうか?

・未知数。もともと200メートルが得意な選手。
 冬場、どういう練習を積んだかかで大きく伸びている可能性はある!
 

Q. 日本人短距離選手の伸び、東京オリンピックの開催が
 大きなモチベーションになっているんでしょうか?

・なってますね。10年後じゃなくて、あと4年というのが力が入れやすい。
 東京が決まって、若い選手が伸びている!
 

Q. 他に注目する種目、レースは何ですか?

・男子の200メートル。世界陸上でも藤光、高瀬、サニブラウン、
 3選手が準決勝進出。一番オリンピック決勝に近い。

・女子の100メートル福島千里選手はタイムで目標を言うことがなかったのに
 10秒台と明言している。10秒台で決勝が見えてくる。
 女子で決勝に出れば男子の10倍ぐらい凄い事。


Q. 投てきやジャンプはいかがですか?

・やり投げの新井涼平選手はオリンピックでメダルに手が届くかもしれない


今夜は、8日、日曜に開催される
セイコーゴールデングランプリ陸上2016の見どころを
北京オリンピック4×100メートルリレー
銅メダリスト、朝原宣治さんに伺いました。

ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245

?