SPONAVIの最新記事


今夜の「SPONAVI」は、
現在、オーストラリア・メルボルンで開催中の全豪オープンテニスを
ピックアップ。

トップ選手は短いオフを経て臨むグランドスラムの初戦。
そういう調整の難しさもあるのか、
昨日行われた男子シングルス2回戦、第2シードのジョコビッチが
世界ランク117位、ウズベキスタンのイストミンに敗れる大波乱。
第7シードのチリッチも2回戦で格下相手に敗れるなど
波乱が続いています。

日本期待の錦織圭選手は、今日、3回戦、
世界ランク121位、クロアチアのラッコと対戦し、
勝ちましたor惜しくも敗れましたor現在試合中です

今シーズン、グランドスラムでの優勝を目指す錦織選手の
今大会と現状について、錦織選手を取材し続けている
スポーツライター、内田暁さんに電話で伺いました。


Q. 短いオフを挟んでスタートした2017年シーズン、
ここまでの2大会の錦織選手、ご覧になっていかがですか?

・ファーストの確立が高くなっている。昨年はダブルフォルトが多かった。
 ブレイクポイントでダブルフォルトして、
 あっさりゲームを獲られることが多かったのが、修正されている。


Q. 目標の掲げいるグランドスラムでの優勝を一つのゴールとしたら
 錦織選手は、どのぐらいまで近づいていますか?

・全豪ではジョコビッチが負けてしまいましたが、今の男子テニス界では、
 ジョコビッチとマリー、この2人が頭一つ抜けている。
 錦織選手はジョコビッチに苦手意識があるが、
 マリーとは昨年フルセットのゲームが3試合。互角に戦えるところまで来ている。

・タイトルを獲るためには、ランキング4位内に入りたい。
 現在の5位だと準々決勝でジョコビッチやマリーと対戦する可能性が出て来る。


Q. 錦織選手、今シーズンから、何か変えたことはあるんですか?

・ラケットをより衝撃を抑えて、腕の負担を軽減するものに変えた。

・変えたということはありませんが、オフの間にゴルフの松山英樹選手と
 対談した話が面白かったですね。松山選手はコーチを付けていないで、
 自分でフォームも変えると聞いて、凄くびっくりしたと錦織選手が話してました。
 この発言から、錦織選手も天才肌でこだわりもあるけど、
 今のチームが必要ということだと思っていることが分かります。


今夜は、テニスの錦織圭選手の現状について
スポーツライター、内田暁さんに伺いました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255

?