SPONAVIの最新記事


今日の「SPONAVI」は、
日本人サッカー選手の初めての海外移籍成功の秘訣を探ります。
イングランド・プレミアリーグの名門チェルシーから
日本代表でも活躍するFC東京のフォワード、武藤嘉紀選手に、
7億円の正式オファーが届いたニュースは
日本のサッカーファンを興奮させました。

武藤選手は「何も決めていない」と、思案中のようですが
日本人選手があまり活躍できていない、プレミア、しかも名門は
初の移籍先としてどうなのか?

お話を伺ったのは、ご自身2000年シーズン途中に
日本人で初めてリーガエスパニョーラのバリャドリードに移籍した、
元サッカー日本代表のサッカー解説者、城彰二さんです。


・城さんは、ズバリ、武藤選手はチェルシーに移籍すべき、すべきではない
 どう思われますか?

しない方がいい!
労働ビザの問題などで日本人が行くのは難しいんだとか。
チェルシーに行ったとしても、レンタルにどこに出されるか分からない。


・周りがレベルが高いビッグクラブで厳しい競争をする補欠と
 周りのレベルがそれほど高くない弱小クラブのレギュラー、
 どちらが選手の能力を高めてくれますか?

プレーが出来る環境による。
試合感画題時。試合に出続けて、いいパフォーマンスをする事で、
成長に繋がる。


・もし仮に、武藤選手がステップアップするために海外移籍するとしたら
 どこの国のどんなチームが良いと思われますか?

ドイツのブンデスリーガ。
ドルトムント。ドイツで優勝出来るようなチームで活躍できれば、
世界にはばたけるのではないか。


今夜は、イングランド・プレミアリーグの名門チェルシーの
FC東京、武藤嘉紀選手への正式オファーの話題から
日本人選手の最初の海外移籍を成功させる秘訣を
サッカー元日本代表のサッカー解説者、城彰二さんに伺いました。


ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254

?