SPONAVIの最新記事


今日の「SPONAVI」は、
12日、日曜日、阪神競馬場で行われる、牝馬三冠の第一関門
桜花賞に注目!

世界競馬の最高峰、フランスの凱旋門賞では、4年連続で牝馬が優勝。
特に、日本馬最強と言われたオルフェーブルやキズナ、ジャスタウェイを
退けて2年連続で優勝したトレヴなど、世界でも牝馬が注目を集めています。

今年の桜花賞はどうなるのか、日本にトレヴのような女王は登場するのか!?
お話を伺ったのは、競馬ジャーナリストの入江たのしさん。


・今年の桜花賞の見どころは?

 桜花賞はデビューから順調に勝ち進んだお嬢さんが出走する。
 今年は特に無敗で桜花賞まで来ている馬が3頭、
 (キャットコイン、ルージュバッククイーンズリング)もいる。これは史上初!

 競馬の世界で、ここ20年ぐらい続いてきた西高東低、栗東の馬が強くて、
 美浦の馬が弱いという構図が変わりそう。キャットコインとルージュバックは美浦。


・無敗で桜花賞が3頭も現れた理由は?

 調教技術が上がって、体調管理ができていい状態でレースに出ている。
 そしてケガをしないようになっている。

 でも、やはり強さがないと、無敗は難しい。
 特にルージュバックは男の子相手に買ってきた。
 きさらぎ賞でクラシックの男馬に勝っている。


・凱旋門賞連覇したトレヴも牝馬、
 ここ数年勝っているのも牝馬という話をしましたが、
 世界的にも牝馬の時代が来ているとか、あるんですか?


 凱旋門賞などでも、斤量で有利な牝馬が勝つケーズは増えている。
 馬主的にも、オーナーブリーダーも、種馬よりもむしろ、
 いい牝馬を持ちたいと思っている。


・最後に入江さん注目の馬は?

 ルージュバック…
 ココロノアイ。お父さんがステイゴールド、お母さんがビューティソング、
 そしてココロノアイもすてぃヴィー・ワンダーの邦題。
 音楽好きに堪らない日本の名牝マックスビューティの血統にも競馬ファンは血が走る。


今夜は、12日、日曜、阪神競馬場で行われる競馬のG1、桜花賞について
競馬ジャーナリスト、入江たのしさんに、お話伺いました。

ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246

?