MEETUPの最新記事


今夜のゲストは、人気放送作家の鈴木おさむさん。

GR010916.JPG

今回は2014年のバラエティ界を
鈴木おさむさんと振り返りました!

まずは、鈴木さんも担当されていたあの番組の終了について・・・

3月31日『森田一義アワー 笑っていいとも!』第8054回の放送、
および同日ゴールデンタイム枠の生放送特別番組
『グランドフィナーレ 感謝の超特大号』幕を下ろした
「タモロス」という言葉も生まれた。

そして、今年は、「ダメよ〜ダメダメ」が「流行語大賞」の年間大賞に選ばれた
エレキテル連合の大ブレイクもありました!

メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が発表した
「2014タレント番組出演本数ランキング」によると

2014テレビ番組出演本数ランキング
1位 国分太一(TOKIO) 653番組
2位 設楽統(バナナマン) 616番組
3位 有吉弘行   516番組

昨年と今年で出演番組の差が大きかった
「2014ブレイクタレント」によると・・・

1位:坂上忍
2位:中村アン
3位:IVAN
4位:おのののか
5位:May J.
6位:ヒロミ
7位:日本エレキテル連合
8位:ふなっしー
9位:DJ KOO(TRF)

<書籍のお知らせ>
「名刺ゲーム」(扶桑社)
 人気放送作家がテレビ局を舞台にテレビ業界、サラリーマン社会の暗部を描いた
 エンターテインメント小説!

「AV男優の流儀」(扶桑社)
 題材はAVながら、仕事や人生に役立つ名言が詰まった珠玉の対談集
 森林原人、しみけん、島袋浩、カンパニー松尾、安達かおる×鈴木おさむ

「30代、40代夫婦へのーー遺言書のススメ 」(マガジンハウス)
 もし明日、急にあなたが死んだら!?夫婦で一緒に買ったマンション、
 妻に隠れて借りていたカードローンまでもがトラブルの原因になる?
 42歳の夫(放送作家)と34歳の妻(お笑い芸人)の「鈴木家」をサンプルに、
 法的に通用する遺言書が自分で書けるようになる、画期的な「遺言書」の入門本。

「MEET UP」のコーナー、
今夜は放送作家の鈴木おさむさんをお迎えしました。

ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259

?