HUNGRYOUTの最新記事

美味しいおでんが食べたい!

1214_zagat_1.jpg


今回は、恵比寿と代官山の間で、東京のおでんシーンの最前線を走るお店を見つけてきました!
お店の名前は、「金のおでんダイニング 羽重」。
「羽重」というのが料理長の名前です。


1214_zagat_2.jpg


赤と黒を貴重とした店内にはキラキラと輝くシャンデリア・・・
壁一面に洋酒のボトルが並び、ドレープのカーテンで仕切られた個室もあったり、
とても おでん屋さんとは思えない雰囲気・・・


1214_zagat_3.jpg

こちらのお店では、これまでの既成概念を崩す、独自路線のおでんが人気となっています。
看板メニューは、店名にもある「金のおでん」。
おでんというと、カツオだし、昆布だしで作られているものが一般的ですが、これは鶏ベース。
もともと和食の料理人だという羽重さんが、毎日5、6時間かけ、手間隙かけて作っているんです。


1214_zagat_4.jpg


おでんダネは14種類あって、「大根」や「はんぺん」といった王道もありますが、
一番人気は、ちょっと変り種。「まるごと完熟トマトとモッツァレラチーズのおでん」!
丸ごとのトマトにモッツァレラチーズをのせてバーナーで焼いています。


1214_zagat_5.jpg


トマトの酸味が鶏ベースのダシと合う!
その他にも、「京がんも」や「京生麩」、「巻き湯葉」など、
京都の素材を多く取り入れているのも特徴。
特に、女性が好みそうなおでんが揃っています。


1214_zagat_6.jpg


メニューには、「金のおでん」をベースにアレンジを加えた「黒のおでん」というのもあり!
牛スジからとったダシに金のダシを合わせ、
さらに煮込んでさくら味噌と甘口の醤油で味付けしています。
一番人気は、「京和牛切り落としの牛すじ」 500円。
なんと、料理評論家の服部ゆきお先生も数年前にお店に来て、「美味しい」と絶賛したとか。


1214_zagat_7.jpg

そして今年新たに、「アボカドチーズ」というメニューも登場しています。
黒のダシで少し煮込んだアボカドに、わさびや生クリームで作ったオリジナルのソース、
モッツァレラチーズを乗せて、最後にバーナーで炙るというもので、これがまた女性に人気のよう。


1214_zagat_8.jpg

そしてもうひとつ、「赤のおでん」というのもあって、これは金のおでんのダシに、甘口醤油を加えたもの。少し甘みを加えているので、マイルドな醤油味、という感じだそう。
餅チーズ巾着、がんも、大根など、5種類があります。
3種類のおでんは、それぞれ盛り合わせにすることもできますが、
色々楽しみたいという方にはコースがおススメ!
手作り豆腐、サラダ仕立ての魚のカルパッチョ、人気のおでんの盛り合わせ3種類、
さらにお店自慢の和牛のお寿司、デザートがついて3000円!
そもそも料理長が和食の料理人なので、その他のサイドメニューにも美味しいものがたくさんあります。

金のおでんダイニング 羽重
東京都渋谷区恵比寿西2-17-5 サンビレッジ代官山B1
03-5784-1190
ホームページ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266

?