HUNGRYOUTの最新記事

1221_zagat_1.jpg


クリスマスを前に、浮き足立ってるカップルも多いようなので、
今回は、そんな方々にもおススメのステキなお店、見つけてきました!
場所は、南青山。外苑前駅から2分ほど歩いた路地裏に佇むお店です。
その名も、「テール・ド・トリュフ東京」。
日本で唯一のトリュフ料理専門店で、パリとニースにもお店があります。


1221_zagat_2.jpg


実はこちらのお店、もともとは六本木ヒルズにありましたが、
10年、20年、街に愛されるお店になるためにと、
移転して路面店で再オープンしたばかり。
高級店だった以前よりもアットホームな雰囲気に生まれ変わっているんです。


1221_zagat_3.jpg


実は、トリュフを味わうには、今が一年で一番いいタイミング!
一般的にサマートリュフや秋トリュフ、冬トリュフといわれるものは通年で楽しめますが、
黒トリュフは年に2回、白トリュフは、年に1回、ちょうど今の季節1ヵ月ちょっとしか出回りません。
そのため非常に貴重で、お値段も、白トリュフは黒トリュフのおよそ倍!
直径4、5cmのちっちゃいやつでも、なんと1個6万円ぐらいするとか!


1221_zagat_5.jpg


間違いなく、ごちそうと言えますが・・・
ですが大丈夫!以前はコースメニューのみだったこちらのお店、
今現在は、一皿2800円から、20種類ほどのトリュフ料理をアラカルトでも用意していて、
ワインなどのお酒と共に、ゆっくりと味わうことができるんです。
一般的には、上からスライスして香りを楽しむような料理が多いですが、
こちらでは、ソテーしたり、蒸し焼きにしたり、スープに入れたり、練りこんでみたり、
バラエティー豊かに、およそ20種類のトリュフメニューを用意しています。


1221_zagat_6.jpg


こちらがイチオシメニュー、「十勝こがねのロースト 濃厚トリュフクリームソース」!
ハーフカットしたジャガイモに、生クリームでトリュフを煮詰めたトリュフクリームをかけ、
さらにスライスしたトリュフをトッピングした贅沢なメニューです。


1221_zagat_7.jpg


こちら4200円。黒トリュフにすると6200円、白トリュフだと8200円!
ただ、白トリュフは1月頭まであるかどうか・・・
ぜひ食べたい!という方はお早めに。           

テール・ド・トリュフ東京
<住所>港区南青山2−27−6
<電話>03−5772−2139
公式HP

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259

?