HUNGRYOUTの最新記事

1_ZAGAT0920.png

今週ご紹介したのは、夏バテの体をやさしく癒す美味しいワインとともに、

美味しい料理が味わえる今食通の間でも話題のワインバー、「楽記(らっき)」!

外苑西通り沿いにある「ワタリウム美術館」のすぐ近くにオープンしたばかりのお店です。

2_ZAGAT0920.png

実はこちらのお店のオーナーは、六本木にある超有名ワインバー「祥瑞(ションズイ)」

のオーナーであり、自然派ワインの先駆者、カリスマと呼ばれる勝山晋作さん。

アドバイザーとして、香港の食を知り尽くす香港通として知られる写真家の、

菊池和男さんが参加しているお店です。

3_ZAGAT0920.JPG

普通ワインバーというと、洋食系の料理を出しているお店が多いですが、

こちらは、広東料理。香港の焼き物がメインのワインバーで、

厨房で腕を振るっているのも焼き物のスペシャリスト!広東料理の名店、

「福臨門」出身の名田定広さん。

4_ZAGAT0920.png

香港で特注して取り寄せた「民炉」という窯で炭火を使って、

本場さながらの本格的な焼き物を作っています。

毎日その日の分しか焼かないため、夜10時半のオーダーストップ前には、

ほとんどが売り切れてしまうということも多いとか。

5_ZAGAT0920.JPG

こちらはアヒルの丸焼き☆

6_ZAGAT0920.JPG

↑出す時はこうなります。「炭火窯焼きアヒル」。お店イチオシのメニューです。
4分の1羽で2200円。半羽で4000円。

半羽だとアヒルの頭もついてきて、かなりインパクトある一皿になるよう。
7_ZAGAT0920.png

皮はパリっと、身はジューシー!
パイナップルと梅を使ったオリジナルの甘酸っぱいソースが相性抜群☆

8_ZAGAT0920.JPG

こちらは、「皮つき豚バラ肉のクリスピー焼き」1600円。
カリカリした皮と柔らかい肉、食感の違いが楽しい一皿。噛みごたえがあり、

噛めば噛むほど肉の旨さが感じられます。

9_ZAGAT0920.png

その他にも、炭火窯焼きチャーシュー(これ↑)、豚ホホ肉のタイ風味など、

メインの焼き物は常時8種類ほど。

その時々、メニューにない焼き物が登場することもあるそう。

10_ZAGAT0920.png

そして、ワインバーだけに、ワインも充実。

オーナー、勝山さんが厳選した焼き物に合う自然な味わいの

美味しいワインがたくさんあります!

◆楽記◆
<住所>東京都渋谷区神宮前3-7-4
<電話>03-3470-0289
<営業時間>月?金 18:00?23:00 土 15:00?21:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259

?