HUNGRYOUTの最新記事


HO0404image1.png

今週紹介したのは、銀座一丁目という東京のど真ん中にありながら、生命力あふれる自然の恵みを存分に感じられるお店!「山形イタリアン」というジャンルを全国に広めた超有名店、山形県鶴岡市にある「アル・ケッチャーノ」姉妹店として人気を集めているお店です。その名も、「ヤマガタ・サンダンデロ」!山形をPRするアンテナショップの2階にあるレストランです。

HO0404image2.png

「アル・ケッチャーノ」は、イタリアン好きならご存知の方も多いのでは?日本海に面し、山に囲まれた庄内平野の片隅にありながら、日本中の食通が集まることで知られる名店!“世界の料理人1000人”に選ばれたこともある、奥田政行シェフのお店です。「ヤマガタ・サンダンデロ」という店名は、実は庄内地方の方言で、「山形産なんですよ」という意味なんだそう。使う食材はもちろん、スタッフ全員が「アル・ケッチャーノ」での経験を経て、東京にいらっしゃっているそうで、「アル・ケッチャーノ」と同じ奥田シェフの味を東京でも楽しむことができます。

HO0404image3.JPG

毎日のメニューは、朝どんな食材が届くかで決まるそうで、夜はお任せコースのみとなっていますが、春は庄内地方の食材がもっとも豊富な季節!1年の中でも賑やかなコースが楽しめるようです。

HO0404image4.png

その中でも、主役のひとつといえるのが山菜!「アル・ケッチャーノ」のお店の周りにもたくさん自生しているという山菜は、今の時期で常時10種類ほど。うるい、かたくり、青こごみ、赤こごみ、たらのめ、ふきのとう、ぎょうじゃにんにく、あまどころ、甘草(かんぞう)などなど、東京ではあまり目にしない山菜も今後どんどん増えていく予定だそう。

HO0404image5.JPG

コチラは新鮮な魚介と山菜で美しい春の絵を描くアクアパッツァ!魚は日本海の庄内浜にある漁港から届いたホウボウ。ルッコラのペーストを使った緑色のスープに、緑の山菜がたくさん芽吹くように盛り付けられています。

HO0404image6.JPG

ルッコラの風味、魚介の旨味、山菜の苦み、食感、色々な味が感じられる春らしい人気メニューです。(ランチもディナーも、コースのメイン料理として選べる一品)

HO0404image7.JPG

その他にも、山菜たっぷりのペペロンチーノなどもあったり、お肉の付け合わせにも山菜が大活躍!バラエティー豊かな山形イタリアンが楽しめます。(コースは、ランチが3500円から。夜は6000円から。)
そして、これからの時期は、山形の「アル・ケッチャーノ」も気持ちのいい季節。昨年末には、同じ鶴岡市内に「アン・ヴェ・ミルー」というフレンチの姉妹店もオープンしてますので、春のお出かけに、そちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

HO0404image8.png

ヤマガタ・サンダンデロ
<住所>東京都中央区銀座一丁目5-10
ギンザファーストファイブビル 山形県アンテナショップ
「おいしい山形プラザ」2階
<電話>03-5250-1755

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259

?