HUNGRYOUTの最新記事

「焼貝 あこや」!


HO0411_image1.JPG

今週ご紹介したのは、美味しい貝を存分に堪能できると話題のお店、「焼貝 あこや」!
昨年末にオープンして以来、連日満席。都内では数少ない貝料理の専門店として

早くも人気を集めています。

HO0411_image2.JPG

店内は落ち着いた和の雰囲気☆

HO0411_image3.JPG

こちらがお店のご主人、延田さん!もうひとりオーナーがいらっしゃって、

二人で経営されているお店だそう。実は、高円寺、所沢、鶯谷にもお店があって、

今回のお店で4店舗目!どれも人気店となっています。

HO0411_image4.png

今回のお店は、他店よりもよりちょっと贅沢な、ワンランク上の貝料理を味わってもらいたいと、食材にもこだわっていて、常時用意している貝は15種類から20種類。

築地や、各地の市場に足を運んで厳選した極上の素材を、

様々な調理法で楽しませてくれます。特にこの時期は貝がもっとも美味しい季節!

トリ貝、アオヤギ、マテ貝、大あさり、天然のホタテ、ホッキ貝、サザエ、

岩ガキなどなど、種類も豊富。そして立派!

HO0411_image5.JPG

こちらは、大アサリ!

HO0411_image6.JPG

ほどよく焼けた頃に生海苔をオン!

HO0411_image7.JPG

さらに、ほっき貝の上にカツオの塩辛!

HO0411_image8.JPG

お酒のおつまみとしても最高の一品です♪

HO0411_image9.JPG

こちらはマテ貝!

HO0411_image10.JPG

こちらは、蒸し野菜と蒸し貝の盛り合わせ!
野菜は、筑波にある久松農園の無農薬の野菜を使用しています。

HO0411_image11.JPG

貝の胆で作ったオリジナルの味噌と生卵、マヨネーズを混ぜたソースで頂きます。
これがまたとても美味♪

HO0411_image12.JPG

こちらは、牡蠣の釜飯!アサリとハマグリの出汁で炊き上げていて、貝の旨味たっぷり。単品はもちろん、5500円からのおまかせコースでも締めとして味わうことができます。そして、こちらのお店は、料理だけでなくお酒にもこだわりあり!ご主人が実際に蔵元に足を運んで厳選した日本酒が常時30種類以上あって、国産もワインもふくめ、貝に合うお酒を提案してくれるので、1軒目としてはもちろん、2軒目としてもおススメです。

HO0411_image13.JPG

◆焼貝 あこや◆
<住所>東京都渋谷区恵比寿南1-4-4
<電話>03-6451-2467
<営業時間>18:00-24:00(L.O.23:00)
<定休日>不定休

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258

?