HUNGRYOUTの最新記事


HO0516image1.JPG

今回見つけてきたのは、広尾駅から歩いて3分、他にはないプレミアムな麺料理が味わえると評判のお店、「はしづめ」!創業66年の老舗製麺会社がプロデュースする中華・四川料理のお店です。

IMG_3367.JPG

実は、日本で初めて「翡翠麺」を作ったのが橋爪製麺!そしてさらに、都内の名だたるホテルや、中華の名店の多くが、御用達として使っているのがここの麺!なので、みなさんもどこかで1度はここの麺を食べているかも?自社工場であらゆる麺を作り続け、長年に渡って培ってきた経験を武器に、2年前にオープンさせたお店です。

IMG_3375.JPG

中華料理屋さんですが、店内は落ち着いた和の雰囲気♪

HO0516image4.png

右はマネージャーの小林さん。左は、四川料理一筋20年の料理長、初見さん☆
お店では、昼は麺料理がメインとなっていて、夜は、四川料理のアラカルト、そしてコースメニューもあり。最後に麺で締めるというスタイルで本格的な四川料理を味わうことができます。

HO0516image5.png

麺のバリエーションは30種類ほどもあって、その中からお店に用意しているのは常時5種類!季節や出す料理に合わせて入れ替えているので、その時々自由に選んで色々な麺を楽しむことができます。

HO0516image6.JPG

そんな麺を合わせるメニューも色々あって、例えば、今週のランチメニューは、「豚肉と筍の細切り炒めをのせた酸辣湯麺」、「海鮮あんかけかた焼きそば」、「蒸し鶏のネギ油がけをのせた温麺、またはつけ麺」、そして、もうひとつは、これからの時期特におススメの「冷やし豆乳担々麺」(1400円)!女性にも大人気のメニューです。

HO0516image7.JPG

写真はトマト麺ですが、爽やかな清涼感のある柚子麺も組み合わせとしておススメ!
つるっとしたのど越の麺が、コクのある豆乳とゴマのタレにぴったり!ピリ辛加減が食欲をそそります。野菜と豚肉の甘味噌炒めがたっぷりなのでボリュームもあり!メニューは、2週間ほどで入れ替えているそうですが、これは人気メニューのため、これからの時期頻繁に登場することになるそう。その他にも、今後は、酸辣湯麺を冷たいつけ麺にアレンジしたメニューや、黒酢を使った冷やし中華など、さっぱり食べられる麺料理を色々と出していく予定だそうで、さらに、モロヘイヤを練り込んだ麺や唐辛子を練り込んだピリ辛の麺、さらに、レモンの果汁を練り込んだレモン麺など、特に冷たい料理に合う麺が色々と登場する予定。お好みで組み合わせて楽しんでみては?

HO0516image8.JPG

はしづめ
<住所>港区南麻布5−16−10カルチェブラン広尾2階
<電話>03−6277−2183
<定休日>日曜日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258

?