HUNGRYOUTの最新記事


HO0116image1.JPG

今週紹介したのは、麻布十番にある和食とおでんのお店「麻布 秀」!
もともとは純和食屋さんでしたが、5年ほど前から、お店のご主人が大好きだというおでんに力を入れるようになったそう。和食の料理人がこだわり抜いた本格おでんが味わえるお店です。

HO0116image2.png

こちらがご主人の小菅さん!

HO0116image3.JPG

普通おでんは、昆布とカツオ節で出汁をとるところが多いようですが、こちらでは、味により深みを出すため、カツオやマグロ、トビウオなど、5種類もの節を使用。継ぎ足し、継ぎ足しで、丸2日、じっくりと時間をかけてつくった こだわりの出汁でおでんを作っています。ご主人曰く、コクがありつつも上品に、関西おでんと関東おでんの間を狙って作っているとか。

HO0116image4.JPG

おでんダネは常時30種類ほど。大根や玉子などの王道おでんに加え、ご主人オリジナルのおでんも多数。季節の旬の食材を取り入れ、いろいろなおでんを出しています。(写真は、大根と玉子、そしてご主人イチオシのアジのつみれ!お刺身でも使える新鮮なアジで作っているので柔らかくふわふわ。脂ものってます!)

HO0116image5.JPG

こちらはオリジナルおでんとして人気の「トマトと豚バラ肉」!

HO0116image6.JPG

トマトを崩して豚バラと合わせて頂きます。トマトの酸味が加わった出汁は、また違った美味しさ♪

IMG_5409.JPG

スタジオにも届きました!

こちらは最近のヒット「ミカンと鴨ロース」!トマトと同じようにミカンを崩し、鴨と合わせて食べるオシャレおでんです。これが意外と合う!

オリジナルおでんは、この他にも、仕入れによって色々なバリエーションがあり。例えば、今が旬のカニを卵とじにして出汁を張った「カニタマ」というのがあったり、「牛タン」や「フカヒレ」、たま〜に、「フォアグラ」なんかもおでんにしてしまうそう。すべてテイクアウトも可!和食の料理人がこだわり抜いた本格おでん、ぜひ一度味わってみては?

麻布 秀
<住所>東京都港区麻布十番2-12-8 武田ビル1階
<電話>03-5444-6585

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265

?