HUNGRYOUTの最新記事

「野菜Bar ぺるどま。」!


HO0918image1.JPG

今回紹介したのは、野菜たっぷりのヘルシー料理が味わえるお店、「野菜Bar ぺるどま。」!
広尾に7月7日、七夕にオープンしたばかりのお店です。

HO0918image2.JPG

HO0918image3.png

オーナーシェフの田島隆雄さんは、なかなか予約が取れない銀座の超人気イタリアン、
「アロマフレスカ」のご出身!

HO0918image4.JPG

ホールサービスなどマネージャー職を歴任し、15年間勤務。退職後、飲食店の経営ノウハウをより学ぶために麻布十番の和食居酒屋にて勤務したのち、アロマフレスカ開業の場所で、アロマフレスカ支援の下に「ぺるどま。」をオープン!アロマフレスカ時代、オーダーをとる際に、苦手なものの確認より、アレルギーの確認をしなければなからなかったこともあって、お店をやるなら体に良い料理を提供する店をやりたいと思っていたんだそう。ちなみに店名の「ぺるどま。」は、「明日へのために」というイタリア語「ペル・ドマーニ」の略。料理は、イタリアンをベースにした創作料理。野菜をふんだんに使って、東洋医学のアイデアや、薬膳、ハーブなどを取り入れているので、アジアンテイストの料理が多数。日々研究して、オリジナルの料理を作っているそう。

HO0918image5.JPG

こちら最近の新作、「マッシュポテトと小玉ねぎ、フレッシュ野菜のエッグスラット」(900円)マッシュポテトの上に、かつおだしで煮込んだ小玉ねぎ、フレッシュのパプリカ、プチトマトをのせ、卵をのせて蒸し上げた一品!

HO0918image6.JPG

出汁がきいてて優しいお味。体もあったまります。

HO0918image7.JPG

他ではなかなかない、温かい生春巻き。(800円)中は、豚の角煮、キュウリ、春雨を炒めたアンを、バジル、サニーレタス、フレッシュトマトと合わせて巻いてます。

HO0918image8.JPG

切ると中からアンがどろっと!濃厚ですが、フレッシュなトマトとデトックス効果のあるバジルでさっぱり!
コースの場合は、前菜の3種盛、温かいものを小皿で2種類ほど、生春巻き、メインに豚のローストとか海老のオーブ焼きなどなど。そして締めで、フォーやココナッツミルクたっぷりのグリーンカレー、パスタ!体調に合わせてカスタマイズしてくれます。

HO0918image9.JPG

◆野菜BAR ぺるどま。◆
<住所>東京都渋谷区恵比寿2-22-10 広尾リバーサイドG B1
<電話>03-6450-2425
<営業時間>18:00〜翌3:00(LO2:00)
<定休日>日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259

?