GIRL'S INFO COUNTERの最新記事


現在、バレーボールの国際大会、
ワールドグランドチャンピオンズカップ男子大会が開催中!
中垣内ジャパンは、現在2連敗、厳しいスタート!

今回はバレーボール観戦の楽しみ方を、
ホフディランのボーカル・ギター、ワタナベイビーさんに伺いました!

IMG_0328.JPG

Q、ベイビーさんがバレーボール観戦にハマったキッカケは?
もともとテレビで見たりするのが好きでしたが、大ハマリしたのは、
実際に会場に見に行ってからです。あれは10年に一度くらいの衝撃体験でした。


Q、バレーボールの観戦の魅力とは?
シャイな人間でも簡単に参加できる応援!
会場一体の、あのグフーブ感たるや、ロックコンサートなんてまるで及びません。
『日本チャチャチャ!』とか、スティックバルーンを使っての応援など、
実はバレー界発祥の応援パターンがいくつかあります。
今では他のスポーツ観戦にも用いられるようになった、
そんなユニークでポップな応援方法を生み出す、
どこかとぼけたトーンのユニークな土壌があります。


Q、会場の雰囲気は? どんな年代のお客さんが多い?
会場の雰囲気は、はっきり言って異常な興奮状態のるつぼと化していることが大半です。客層は、まさに老若男女全世代という感じですが、やや女性の方が多いかな。
女子のファンも女性の方が多く来ています。
あと、当然、他の出場国の応援団も来ています。
日本戦の直前に自分の確保した席に戻ったら、周りが全員ペルーの応援団の皆さんで、とても肩身の狭い思いをしたこともよき思い出です。

Q、バレーボールってすごいタイム取りません?
どちらかに8点入ると、自動的に1分間のタイムアウトとなります。
1セット25点制なので、基本的には最低2度。それにプラスして、
監督の意志で1セット2回のタイムアウトを取ることができます。
つまり1セットに6回!確かに多いです。
その上、近年では、判定に疑問があった時の『チャレンジ』という
ビデオ判定システムも導入されているので、中断は多いです。

Q、ベイビーさんの観戦スタイルとは?
まずは、朝8時ごろには試合会場に行き、とにかく行列に並びます。
基本的には、行列の先頭グループを目指します。
そして、朝10時オープンの自由席の最前列を確保する!
(指定席より2階最前列が一番見やすい!)。

座席さえ確保できれば出入り自由なので、その後ホフディランの取材や打ち合わせ、
時にはテレビ収録なども終えてから、夕方に会場に戻る、という観戦パターンでした。
テレビに映りやすいようにホフTシャツを着るようにしたりもしておりました。
小宮山雄飛の呼びかけで、『バレー生中継でホフTを着ているワタナベイビーワタナベイビーを探そう!』なんて企画もやってました。

Q、バレーボール観戦に必要なモノは?
会場にスティックバルーンというものが安く売っているので、それを買います。
大会初日に買っておけば、数日使えるので、2日目以降は持参します。
それ以外は手ぶらで大丈夫かと思います。

Q、家でテレビ観戦する際の楽しみ方は?
ベストなのは、食事を済ませて、片手間でない状態でテレビの前にスタンバイ。
ケンカか事件と疑われるくらいに大声になってしまうことも多々あり、近所迷惑に注意。


Q・ベイビーさんからみた注目選手
元キャプテンで、結婚〜出産を経て全日本復帰した荒木エリカ選手は注目です。
良い意味で、割とぽわ〜んとした雰囲気の選手が多い日本女子バレーチームにおいて、むき出しのファイティングスタイルを見せてくれる選手です。


<ホフディランからのお知らせ>
10月18日に5年ぶり9枚目のオリジナル・アルバム
「帰ってきたホフディラン」をリリース!
19年ぶりに古巣ポニーキャンニオンに復帰!

新作発売に併せて廃盤となっていた過去作品もリマスター盤で復活。
特典ディスクを携えて、全5タイトル同時発売。
(ポニーキャニオン3タイトル・日本コロムビア2タイトル)

久々のツアーも決定!
LIVE TOUR「帰ってくるホフディラン」
東京公演は、11月26日(日) 渋谷プレジャープレジャー
初の(?)全会場着席となっております。是非ごゆっくりお楽しみください。

今回は、バレーボール観戦の楽しみ方を
ホフディランのワタナベイビーさんに教えて頂きました!
ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58

?