ENTER-MINUTESの最新記事


今週ピックアップするジャンルは、レンタルDVD&ブルーレイ!

TSUTAYAの最新ランキングは・・・

NO.5:アントマン

NO.4:テッド 2

NO.3:ファンタスティック フォー

NO.2:天空の蜂

NO.1:ピクセル


TSUTAYAの 最新『 レンタルDVD&ブルーレイ 』 ランキング
2位の『天空の蜂』は、
東野圭吾原作のサスペンス小説を堤幸彦監督が映像化した話題作!

1位の『ピクセル』は、
80年代に流行ったファミコンゲームを題材にした作品です。


週末前に知っておきたい、エンタメ情報をチェックしていく、
『ツタヤ エンタミニッツ』
番組後半は、番組が注目する作品の“中の人”にご登場頂き、
作品の見どころや裏話を伺いました!


今週ピックアップしている 『レンタルDVD&ブルーレイ』のジャンルの中から
『 映画 ビリギャル 』の“中の人” 
DVD&ブルーレイの宣伝を担当された東宝株式会社 映像事業部 の 
竹田 彬人さんにお話を伺いました。


「映画 ビリギャル」有村架純さん主演で大ヒットしました。
観客動員200万人 興行成績28億円以上 先日、発表されたブルーリボン賞では
有村架純さんが主演女優賞、お母さん役の吉田羊さんが助演女優賞をともに
受賞されました。作品の内容は、原作のタイトルが
「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」
とタイトル通り、成績学年ビリの高校2年生の主人公さやかが、
何度も挫折しそうになりながらも慶應大学合格という夢に向かって
突き進むというストーリー。
受験の話だけでなく、家族の絆や仲間との友情なども描かれていて、
どなたが見ても共感できる爽やかな感動作です。


・有村さんの金髪ギャル姿が印象深いのですが、有村さんは役作りに苦労された?
 
 名古屋弁でギャル語を話す金髪ギャルの役ということで、
 最初は「私で大丈夫かな」という不安の方が大きかったそうですが
 実際にさやかさんにお会いになられて、さやかさんの中にある柔らかさや、
 楽しいことには一生懸命になるといったところを表現していこうと、
 役に挑まれたようです。ギャル語での会話や、ファッションなど、
 さやかという役を演じることが、普段とは違う自分を出しているようで、
 そのあたりを楽しまれていたようです。


・撮影はどのような雰囲気だったのでしょうか? 
 エンドロールが、主題歌のサンボマスターさんの「可能性」という曲を、
 キャストやスタッフが歌うというものになっているのですが、
 現場のノリでそのカットには登場予定のなかった人が飛び入り参加したりと、
 キャスト・スタッフみんなノリノリで撮影されていたようです。

 あがた森魚さんがビルの屋上で熱唱するカットに、伊藤敦史さんが
 ほうきをギター代わりにして飛び入り参加したり、
 安田顕さんがファンキーなアクションを見せるカットでも、急きょ、
 安田さんの後ろで有村さんが映画の中の仲良しグループと一緒に笑顔で
 踊ることになったりと、現場の楽しさが伝わってくる
 ノリノリのカットがたくさん盛り込まれています。
 なんど見ても楽しいエンドロールですし、まだ見ていない方は
 そちらも楽しみに見ていただければなと思います。


今回は、DVD&ブルーレイの宣伝を担当された東宝株式会社 映像事業部 の 
竹田 彬人さんにお話を伺いました。ありがとうございました!
   
ご紹介した『 ビリギャル 』は、
TSUTAYA店内の、邦画DVD 新作ランキングコーナーに並んでいます。
ぜひチェックしてみて下さい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

?