ENTER-MINUTESの最新記事

『東京タラレバ娘』!


今週ピックアップしたジャンルは、レンタルコミックです!
まずは、TSUTAYAの最新ランキングをチェック。

NO.5 orange / 高野苺 

NO.4 今日は会社休みます / 藤村 真理

NO.3 暗殺教室 / 松井 優征

NO.2 ONE PIECE / 尾田 栄一郎

NO.1 進撃の巨人 / 諫山創


TSUTAYAの最新『 レンタルコミック 』ランキング
5位の『orange 』 は、
土屋太鳳さん主演の実写映画も大人気!

3位の『暗殺教室』は、現在、アニメの2期も放送されている人気作!


そして、番組後半は、今週ピックアップしている
レンタルコミックのジャンルの中から番組が注目する作品
『東京タラレバ娘』の“中の人”にお話を伺いました!


担当編集者である、講談社の助宗佑美さんにお話を伺いました。

『東京タラレバ娘』は、マンガ大賞2016の候補にもノミネート、
まだ読まれていない方のために、簡単にどんな内容なのか。
東京に住む33歳の女性三人が主人公です。脚本家の倫子、
表参道でネイルサロンを経営している香、父親の居酒屋を手伝っている小雪。
3人は仕事もしっかりしているし、容姿もそこそこなのに独身。
いつも「あーだったら」「これなれれば」と仮定の話ばかりを繰り広げて
恋愛の打席に立たずにアラサ―後半になってしまっています。

その3人が恋をしたり、自分より若い世代の価値観に打ちのめされたり、
知り合ったKEYというモデル男子に厳しい現実をつきつけられたりしながら
なんで自分たちが結婚できないのか、そして、これからどうするべきなのか
を模索していくお話。


※助宗さんからみた、作者の東村アキコさんはどのような方ですか?
先生はメディアに出ることもあるのでご存知の方も多いと思いますが、
今、マンガ界で一番多くの締め切りをかかえている漫画家さんではないかと思います。
週に2つ締切があったりするのもザラです。なので、「即断即決即行動」。

ネームに何日も悩んだりすることはほぼなく、数時間でバッとかきあげます。
あと、とてもリーダーシップがある方。マンガの制作現場は、いわば工房で、
先生の指示にしたがって、分業制で原稿を仕上げていきます。
多い時は10人以上のアシスタントさんに「今日はこれをこうやって進めるよー!」
と指示をだし、手が空く人がいない環境をつくるように自分の仕事を進めながら、
このマンガ界一の仕事をこなしています。
終わったら、みんなでワーッと飲みにいったり、真剣にみんなで大貧民したり、
アイドルのDVD鑑賞会したりもしていて、私もたまに「おいで!
」とまぜてもらったりしていますが本当に東村プロは楽しそうな工房。

タラレバの打ち合わせでは、大きなお話の流れは決めますが、エピソードは先生にお任せすることが多い。アシスタントさんたちと飲みに行ったり、お友達も多くいるので、そこで恋話を聞いてヒントにしているのではないでしょうか。


※主人公たちと同世代の女性はもちろん、男性にも支持されている作品ですが、
読者の方々からはどのような感想や反響がありましたか?
1話目が掲載されたあと、そして1巻が発売されたあと、
ツイッター等での反応がすごくありました。「自分のことだ」、
「辛い、このままだとわたしこうなる」、「辛い、その果てがわたしだよ」と、
まさに「阿鼻叫喚」彼氏のいない友人にプレゼントするなんてつぶやきもあり、
その友情が大変心配です。


※編集者目線で、東村さんのすごいところや、コダワリを感じる部分は?
マンガがすごく上手です。美大受験を通してデッサンの鍛錬をつまれているので、
こういうポーズの時にどこにどれだけ体重がかかっているとかしっかり意識しながらマンガも描かれています。あと、背景で語るシーンも素晴らしいし、
ドキドキさせるためのコマ割り、
物語を貫くモチーフ(この作品では東京の風景がそのひとつです)の
登場のさせ方もお上手です。インパクトの強い題材や、ギャグセンス、
そして先生のキャラクターなどに目が奪われがちですが、
ものすごくマンガのつくりがうまいところを編集者としては一番尊敬しています。


※作中に様々な名言がありますが、印象的なセリフは? 
わたしが一番ぐさりときたのは「酔って転んで男に抱えてもらうのは25歳までだろ。
30代は自分で立ち上がれもう女の子じゃないんだよ?」(1巻収録)です。
私も32歳なんですが、ファッション誌も「大人女子」って言ってくれるし、友達とごはん行けば「女子会」だし、女子っていう単語の中に安心して入っていると思ったのでゾクっとしました。


今回は、『 東京タラレバ娘 』の担当編集者、
講談社の 助宗佑美さんにお話を伺いました。
   
ご紹介した『 東京タラレバ娘 』は、
コミックレンタルの「このマンガがすごい2016」コーナーに並んでいます。
ぜひチェックしてみて下さい!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72

?