ENTER-MINUTESの最新記事


今週ピックアップしたジャンルは『コミック』です!
TSUTAYAの最新ランキングはコチラ。

NO.5 :進撃の巨人 19巻 / 諌山創

NO.4 :ハイキュー!! 21巻 / 古館春一

NO.3 :僕だけがいない街 8巻 / 三部けい

NO.2 :キングダム 42巻 / 原泰久
             
NO.1 :亜人(あじん) 8巻 / 桜井画門

コーナーの後半では、今週ピックアップしている
『コミック』のジャンルから、大泉洋さんの主演で映画も大ヒット!
累計600万部突破!日本で一番売れている“ゾンビ漫画”
『アイアムアヒーロー』に注目!作品の“中の人”
担当編集者の金城小百合さんをお迎えしました。

※『アイアムアヒーロー』は、日本で一番売れている“ゾンビ漫画”ですが
 改めて、どのような作品かご紹介頂けますか。

 花沢健吾さんの作品。週刊スピリッツで連載中!
 コミックはただいま20巻まで出ています。


※『アイアムアヒーロー』が大ヒットとなっている理由は?

 今の日本、個人の感情というミニマムなところが
 リアルにかけているところだと思います。


※絵もとても細かくて凄いですが、一回の連載分で
どれくらい時間をかけて描かれているのでしょうか?

 担当の私にも謎です。
 ネームを作りながら、アシスタントさんにも同時に
 背景などを作成してもらっているようです。
 

※連載がスタートしたのは2009年で、ゾンビブーム前だったと思うのですが、
 花沢先生が『ゾンビ』を題材に選ばれたのでしょうか?

 先生がよく仰るのは、「破壊衝動」だそうです。
 前作「ボーイズオンザラン」が思ったようにはヒットせず、
 鬱屈とした日々を過ごしていたそうで、そんなときに立ち上げ担当の
 編集者から「その鬱憤を漫画に描けば良い」と言われたそうです。


※以前番組で、『ゾンビから逃げる場所は一番どこが良いのか?』というテーマで
 盛り上がったのですが、金城さんはどこが良いと思いますか?

 新宿高島屋っていうのですよね?すごくいいアイデアですよね。
 そのお話聞いて、花沢さんとも話しました。その時は花沢さんと
 「とにかく家に引きこもりたいですね…」と話しました。

 ZQNを恐れて、家で餓死な気がします。
 でも地震が起こったときに
 「いま、会社で良かった…!ひとりだったら怖かった!」とも思うので、
 「誰かと家で最後の時を過ごす」がいいですね。
 戦う手段とかは考えられないです。
 戦いたくないし、生きる為に走り回ったりする気力も、
 自分にはない気がします。


『ツタヤ エンタミニッツ』今週は『レンタルコミック』のジャンルの中から
『アイアムアヒーロー』をピックアップ!
担当編集者の金城小百合さんにお話を伺いました。


『アイアムアヒーロー』はTSUTAYA店頭
「コミックレンタル 映像化コーナー」に並んでいます。


このコーナー「TSUTAYA ENTER-MINUTES」では
番組へのご意見や紹介した作品の感想を募集しています。
送って下さった方の中から毎週1名様に
“Tカードに5千円分のTマネーをチャージして使えるギフトカード”を
プレゼント。

尚、当選の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。
たくさんのメッセージお待ちしてます!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81

?