ENTER-MINUTESの最新記事


今週ピックアップしたジャンルは『書籍』!
TSUTAYAの最新ランキングはこちら。


NO.5 :駆除人 〜 ツナギを着た転生者 〜 / 花黒子

NO.4 :天才 / 石原慎太郎

NO.3 :黒の召喚士 封印されし悪魔 / 迷い豆腐

NO.2 :フェアリーテイル・クロニクル〜空気読まない異世界ライフ〜 10巻
    /埴輪星人
             
NO.1 :泣き童子 三島屋変調百物語 参之続 / 宮部みゆき  


TSUTAYAの 最新『書籍』ランキング
4位にランクインした、石原慎太郎氏が田中角栄を描いた『天才』は
累計売り上げ50万部突破のヒットとなっています。

そして、コーナー後半では、今週ピックアップしている
『書籍』のジャンルから、『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』に注目!
明日から公開となる、綾野剛さん主演映画『日本で一番悪い奴ら』の原作
ということで映画プロデューサーさんに作品の魅力を伺いました!

GR011746.JPG

 
※まず、『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』はどのような作品?

北海道警察の現役警部が、覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で
逮捕、有罪判決を受けた『稲葉事件』の当事者・稲葉圭昭氏による、ノンフィクション。
『稲葉事件』は、日本警察史上最大の不祥事といわれ、警察内部の腐敗が明らかになり
日本中に激震がはしりました。


※ずばり、この作品の魅力は?

日本警察史上最大の不祥事とも呼ばれるほど、信じられないような事件を実は警察が起こしていたという衝撃!その衝撃はあまりに想像を超えて、笑ってしまうほどです。

 
※今回、どのような経緯からこの作品の映画化が決まったのでしょうか?

白石監督の前作『凶悪』が国内の映画祭で多くの賞を頂き、次にどんな映画をつくるか相談をする中で、監督と脚本をつとめた池上さんから提案をもらった。脚本を原作者である稲葉さんに読んでもらい、正式に映像化の承認をいただいた。脚本に関して稲葉さんからあった注文は、映画の中の稲葉さんをモデルにした主人公はチンピラみたいだと。本当はもっとヤクザみたいだったので、そういう方向で修正して欲しいと言われ仰天しました。


※映画化するにあたって大変だった点は?

原作になかにかかれているお話、稲葉さんから直接伺った話などを織り交ぜて脚本化しているが、とんでもないエピソードの連発であり、とにかく全てが面白かった。ただ、それを全て映画の中でこなそうとすると、とてもではないが2時間強の映画の尺に収まりきらないので、泣く泣くカットするシーンが多かった。
※例えば、ヤクザからある場所に銃を埋めてあるというタレコミを得て、掘りに行くが掘れども掘れどもでてこず、しまいにはショベルカーで掘削しても見つからなかった。見つからないのでは面子が保てないので、自分たちで銃を持ってきて埋めて、それを掘り当てみつけたことにした。

実際の事件を基にしたフィクションとしての映画化ですが、映画化を進めるうえで北海道にも取材に行き、多くの方にお話も聞きましたが、事件の舞台でもある北海道での撮影は難しいと判断しました。(事件のインパクトやそもそもすすきのの街並みがだいぶ変わってしまっている)その上で昭和のすすきのの路地などを表現するため三重県四日市市や桑名市を中心に撮影を行うことにした。
また、三重県での撮影中、本当に多くの一般の方が見学に来られ、周辺にご迷惑になるほどで、撮影ができなくなってしまうかもしれないほどの時があった。そんな時は、三重県警のおまわりさん達が非常に協力的に交通整理の協力をしていただいた。


※いよいよ明日から映画『日本で一番悪い奴ら』が公開となりますが
 見所は?

『アウトレイジ』や『新宿スワン』といったアウトローな世界を面白く描いた痛快さがあります。映画ファンだけでなく、多くの人が楽しめる間違いなく面白い作品です。
綾野さん演じる主人公、諸星のジェットコースターのような人生はとんでもないことの連続ですが、観ていてもどこか憎めないどころか、共感してしまうはずです。その上で、映画の最後、綾野剛演じる諸星の表情とセリフに注目してほしいです。日本警察史上最大の不祥事と言われた事件の真相と『日本で一番悪い奴ら』の正体がスクリーンを通して浮かび上がるはずです。


主人公である諸星要一の22歳から48歳までの四半世紀近い人生を、
10キロにも及ぶ体重の増減や年齢によっての声、衣装、風貌の変化に至るまで
演じきった綾野剛の怪演!


今週は『書籍』のジャンルの中から
『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』に注目。
この作品を原作にした、明日から公開となる映画
『日本で一番悪い奴ら』のプロデューサー・日活の高橋信一さんにお話を伺いました。
ありがとうございました!


『恥さらし』は、TSUTAYA 店頭「ブック 映像化コーナー」に
並んでいます。ぜひチェックして下さい。


このコーナー「TSUTAYA ENTER-MINUTES」では
番組へのご意見や紹介した作品の感想を募集しています。
送って下さった方の中から毎週1名様に
“Tカードに5千円分のTマネーをチャージして使えるギフトカード”を
プレゼントしています。
尚、当選の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。
たくさんのメッセージお待ちしてます!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81

?