ENTER-MINUTESの最新記事

KEN THE 390さんが登場!


週末前に知っておきたい、エンタメ情報をチェック!

今夜は、KEN THE 390さんが登場!
R0000145.JPGのサムネール画像

フリースタイルダンジョンではレギュラー審査員を務めているKEN THE 390さん。
2006年のデビューから12年!

今週はKEN THE 390さんのニューアルバム
『リフレイン』はリリースになりました!

という事で今日はKEN THE 390さんおすすめの
DVDをご紹介頂きました!

今日ご紹介頂く作品は?
『母なる証明』(2009年日本公開)
衝撃のラストに圧倒される、韓国の鬼才:ポン・ジュノ監督による
“人間の真実”に迫るサスペンス作品。国際的に高く評価され、
韓国内での動員記録を塗り替えてきた
若き巨匠:ポン・ジュノが原案・脚本も手がけた完全オリジナル作品。
当時、兵役のため活動を休止していたウォンビンの5年ぶりの復帰作としても話題に。

【ストーリー】
漢方薬店で働きながら一人息子のトジュン(ウォンビン)を育て上げた母(キム・ヘジャ)。
貧しいながらも、母ひとり子ひとりで懸命に生きてきた。息子は、内気だが朗らかな純粋な青年であった。ある日、二人が住む静かな街で凄惨な殺人事件が起きる。一人の女子高生が無惨な姿で発見され、事件の第一容疑者として、トジュンの身柄が拘束された。
彼の無実を証明するものは何もない中、事件の解決を急ぎ警察は形ばかりの捜査を行い、トジュンの逮捕に踏み切ろうと画策する。一方、弁護人はやる気もなく、有罪判決は避けられないように見えた。無実を信じる母親はついに自ら立ち上がり、息子の疑惑を晴らすため、たった一人で真犯人を追って走り出す。
<第62回カンヌ国際映画祭 ある視点部門正式出品>
<第22回日刊スポーツ映画大賞・外国作品賞 受賞>
<第82回米国アカデミー賞外国語映画賞部門・韓国代表作品>
<第83回キネマ旬報ベスト・テン 第2位>

『ツタヤ エンタミニッツ』
今週は、KEN THE 390さんをゲストにお迎えしました。
ありがとうございました!

KEN THEさんのおすすめ作品『母なる証明』は
TSUTAYA店頭『映像レンタル旧作洋画ドラマコーナー』で展開中です。
是非チェックしてください。

そして、このコーナー「TSUTAYA ENTER-MINUTES」では
番組へのご意見や紹介した作品の感想を募集しています。
送って下さった方の中から毎週1名様に
“Tカードにチャージして使えるギフトカード3千円分”とオリジナルタオルを
プレゼントしています。

尚、当選の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108

?