第4次コインブーム到来!


ふだん自販機などでの買い物に何気なく利用している硬貨。
そして、今年は第4次コインブーム到来の兆しがあるそうです。

コイン、切手、アンティークなどの専門誌、
月刊キュリオマガジンの安斉裕司さんに
コインコレクション事情を伺いました!

R0014522.JPG

第一次ブームは、昭和33年頃、
グリコのおまけに本物の天保通過(のちにレプリカ)がついたことに端を発した古銭ブーム。
第二次ブームは、昭和39年東京オリンピック開催とそれに伴う、記念銀貨の発売。
第三次ブームは、昭和61年天皇陛下ご即位60周年記念10万円金貨の発行とバブル景気。さらに昭和62年の50円の特年(発行枚数の非常に少ない年。)50円が2万円に!と騒ぎに。


バブル崩壊後の経済の縮小により市場で硬貨が余り、
電子マネーの普及により硬貨の使用機会が減っていることから、
現行硬貨の発行量は減少しているんだそう。


基本的に、景気が良くなれば、一般の収集かも購入意欲が上がりますし、
さらに現物資産としての金貨、銀貨もよく売れます。

反対に、コインに限らず一般論として、
コレクションというインドアな趣味の分野では、
景気が悪くなって、気分が内向きの時期には、よく売れる傾向があって、
「景気が遅れて作用する」と言われています。

そして色々ある、コインマニア

・近代貨マニア
 明治維新から昭和20年の第二次世界大戦終了までの金貨、銀貨、銅貨を対象とするマニア。 この頃の貨幣は額面に相当する貴金属を含む本位貨幣で、
 意匠や細工も優れているのだとか。

・現行貨マニア
 現行貨幣を対象とするマニア。貨幣セットや全国の都道府県が発行する記念貨幣  
 などがあり、偽者がないところもポイント。

・古金銀マニア  
 江戸時代の大判、小判、分金、分銀などの金と銭を対象

・紙幣マニア
 明治以降から現行紙幣までを対象とするマニア。
 ゾロ目など珍しい番号の紙幣などが高く取引されています。

・皇朝銭マニア
 和同開珎を皮切りに、西日本で鋳造された銅銭を対象とするマニア。
 この頃の硬貨は円形の中央に正方形の穴が開いた円形方孔で12種類あり、
 皇朝十二銭と呼ばれています。

この時間は、
月刊キュリオマガジンの安斉裕司さんに
コインコレクション事情を伺いました。ありがとうございました。

2013年7月26日 17:00
?