世界のラグジュアリーホテル最新事情!

R0014478.JPG


夏休み海外に行かれる方もたくさんいると思いますが・・・
今日は、一度は泊まってみたい!世界のラグジュアリーホテル最新事情を
トラベル&スパジャーナリストの 板倉由未子さんにお聞きしました。


エコと言う言葉が叫ばれて久しいですが、
今注目されているホテルは、まずは環境保護ありきで、
地域活動や自然との共生を確かに実践しているところです。
(カンボジアやインドにいい例となるホテルがある)


そして、いいホテルとは、
土地ならではの土着性やおもてなしが感じられ、文化体験できること。
そして、ホテルの中のひとつひとつの要素、食、スパ、アクティビティなど、
すべてのコンセプトが統一されていることなんだとか。



板倉さんがオススメするホテルはというと・・・


おもしろいのは、インドかスリランカ!
もちろんイタリアもいろいろありますが。
スパの観点ならマレーシアもおもしろい!


そして、世界中のトラベラーが一度は訪れたいと憧れる

「アマンリゾーツ」とはなんなのかというと・・・


1988年、タイのプーケット島にフラッグシップとなるアマンプリをオープン。
アマンリゾーツは、ブータン、カンボジア、中国、フランス、インド、
インドネシア、ラオス、モンテネグロ、モロッコ、フィリピン、スリランカ、
タークス・カイコス諸島、アメリカ合衆国にリゾートを展開。


地域性を活かしたオリジナリティ溢れるユニークなリゾート造りと、
シンプルでスタイリッシュな造り、また伝統に彩られ品格を備えた施設、

アマンリゾーツは「大人のための現実を離れた癒しのリゾート」。

客室数の多さが成功に結びつくという理論とは一線を画し、
むしろ「小規模」であることに価値を求めたアマンリゾーツは、
いつしかスモールラグジュアリーホテルの代名詞、
究極の隠れ家と称されるように。


一度泊まった人はあまりの素晴らしさに魅了され、
チェックアウトの際に次の予約を入れてしまう。


というそんな、アマンリゾートのホテルが

東京にもオープンするらしいんです!


来年早々に東京オープン
大手町1丁目で進行している再開発計画地の複合ビルに
「アマンリゾーツグループ」のホテルが入るみたいです。



今日たくさんのホテルをご紹介いただいた板倉さんですが、

書籍も出版されています。


イタリア大好きで2010年から、イタリア20州を巡り、
食の取材をするフリーマガジン『イタリア好き』に参加し、
現地取材を重ね執筆。


そして5月に雑誌の連載をまとめた、

『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社)が発売しました。


リスナーの方2名様にプレゼントさせていただきたいと思います。

ご希望の方は、GOLD RUSHの番組ホームページのメッセージからご応募下さい!


そして、板倉さんのブログは

コチラです。

チェックしてみて下さい。


この時間は、トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんに
一度は泊まってみたい!世界のラグジュアリーホテル最新事情を伺いました。

2013年7月19日 17:00
?