CURIOUSCOPEの最新記事


今週のSPONAVIは、24日、日曜に中山競馬場で開催される
競馬のG1レース、有馬記念に注目!

有馬記念といえば、競馬のオールスター戦。
スターホースが集結して、その年の一番を決める総決算。

今年の人気投票第1位は、
演歌歌手、北島三郎さんが馬主のキタサンブラック。

有馬記念を最後に引退するキタサンブラックが
デビューから積み上げたGIタイトル6勝は、
シンボリルドルフ、ディープインパクトの7勝に次ぐ歴代2位。
獲得賞金も歴代2位。

もし有馬記念を勝てば、GI勝利数、獲得賞金で歴代1位となるという
歴史が掛かった大一番。

イブにサブちゃんの『祭』の熱傷は聞けるのか!?

競馬ファンが待ち望む、クリスマスプレゼントの行方を
競馬ジャーナリスト、入江たのしさんに伺いました。


Q. 今年の有馬記念は、やっぱりキタサンブラックですか?

・確率で言えば、50・50.3年連続で有馬記念に出て、
 馬券に絡むって相当大変なこと。過去にもナイスネイチャ―がいるぐらい。

・一昨年が3着で、去年が2着。引退が決まっている今年は有終の美を飾ってもらって、
 サブちゃんの「祭」を聞きたいというのが、競馬ファンの願い。

Q. 競馬ファンをそこまで引き付けるキタサンブラック、
 人気の理由は何ですか?

・まずキタサンブラックが競馬の面白さを体現しているから。
 競馬といえば血統。血統的には、短距離の馬で、
 長距離が得意なステイヤーになるとは、僕だけじゃなく、誰も思っていなかった。

・お父さんのブラックタイドは、お父さんもお母さんも同じ、
 あのディープインパクトのお兄さん。でも、凄い弟とは違って、全く走らなかった。
 できる弟に比べられて、肩身の狭い兄貴の子供が、キタサンブラック。

・お父さんが走らなかったので、キタサンブラックも北島さんが買った値段は
 数百万円。あまり期待されている馬じゃなかった。

Q. 北島さんは、世間的にはあまり期待されていなったキタサンブラックの
 素質を見抜いていたということですか?

・そこには北島さんの馬主としてのスタンスがよく表れている。
 北島さんは海外から強い馬を持ってきたり、強いよと言われた馬を買ったりしない。

・羽振りの良い業界の馬主が、派手な高い馬を買うのとは対照的。

・キタサンブラックの生産者、ヤナガワ牧場も中小零細。

・北島さんは馬主歴は長いが、G1勝った馬はキタサンブラックが初めて。

・そういう北島さんとキタサンブラックの浪花節的なストーリーを知っていて
 競馬ファンは応援している。

今夜は、競馬ジャーナリスト、入江たのしさんに
有馬記念ついて伺いました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293

?