CURIOUSCOPEの最新記事


今、若い女性にバードウォッチングが秘かな人気となっていて
「鳥ガール」なんてワードも生まれているそうなんです。


そこで、今回は、「バードウォッチング最新事情」について、
日本野鳥の会の尾崎理恵さんに伺いました。

GR010358.JPG

実際バードウォッチングはじわじわときているんだそう。


バードウォッチング女子という切り口もありますが、
野鳥を軸に写真や手芸、絵を描く、グッズ集めなどから
関心を抱いている方が増えているんだそうです。


そもそもバードウォッチングとは何をするかというと・・・

「野鳥観察」ということですが、
 野鳥だけではなく野鳥が生息している環境自体を楽しむ、
 野鳥とつながっている植物、昆虫なども観察します。
 デジカメで撮影する人、ICレコーダーで音を楽しむ人も。


バードウォッチングの参加者は、
実は若い方々の中でも取り組まれています。


日本野鳥の会東京ではヤング探鳥会と銘打った場があり、
毎月30〜50人ぐらいが集まって都内で観察会を行っています。
観察会あとはお茶会や飲み会などのオプションもあり、
楽しんでいるのです。


さらに、バードウォッチングで女子会なども開催されているそうです。

先日は羊毛フェルトを使ってメジロ(身近な野鳥の代表種)を作ろうという
イベントを開催しました。結果、参加者の9割が女性!

野鳥という切り口で子どもも若い方も女性も様々に
楽しんでいらっしゃるようです。


都内でバードウォッチングが楽しめるスポットも
教えて頂きました。

・明治神宮
・葛西臨海公園
・東京港野鳥公園


などなど、

これからは種類というよりも、野鳥が子育てに忙しいシーズン。
餌をはこんだり、巣材をはこんだりしている姿、
相手をさがすために懸命にさえずる姿を探してください。


その他、色々な情報が載っている、

日本野鳥の会オフィシャルホームページをチェック!


このコーナーでは、今、じわじわときているという

「バードウォッチング」について
日本野鳥の会の尾崎理恵さんに伺いました。


ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293

?