CURIOUSCOPEの最新記事


今回は最新刊が100万部突破!累計発行部数2300万部!!
バスケに情熱を注ぐ高校生を描いた人気漫画「黒子のバスケ」の魅力を
サンキュータツオさんが解説。

R0014760.JPG

「黒子のバスケ」は藤巻忠俊さんが『週刊少年ジャンプ』で連載中。
藤巻にとっての初連載作品である。
第44回(2006年11月期)ジャンプ十二傑新人漫画賞を受賞
話数の単位は「第○Q(クォーター)」。略称は「黒バス」。
24巻現在、累計発行部数は2300万部を突破

ストーリーはというと・・・

高校バスケットボールを題材とした少年漫画。
かつて中学時代「キセキの世代」と呼ばれていた五人の天才がいた
その「キセキの世代」が一目おいていた幻の六人目という選手・黒子テツヤ
そんな黒子が高校に入り、火神大我という仲間達とともに
インターハイ優勝を目指していく物語。

今、大人気のマンガ「黒子のバスケ」通称「黒バス」
バスケマンガの金字塔「スラムダンク」と、どこが違うのかというと、

■ポイント1 

「今までにない影の薄い主人公に注目」

 →主人公の黒子テツヤは「影の薄さ」を利用して
  多彩なパスをくり出して活躍する
  日常でも影が薄い黒子テツヤに注目

■ポイント2

「個人とチームプレイの両立に注目」
   
 →選手個人としての力はそれぞれ持っていて
  その実力を活かすためのチームプレイにも注目。

という事で、累計発行部数2300万部突破!!
人気漫画「黒子のバスケ」の魅力を
お笑い芸人のサンキュータツオさんに解説していただきました。
ありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273

?