CURIOUSCOPEの最新記事


今年の秋冬は、どんなアウターが流行るのか?
今回は、気になる秋冬のファッショントレンドを
WWDジャパン・マネジングエディター兼 ファッションニュース編集長
村上要さんに解説して頂きました。

GR010782.JPG

●さっそくですが、まず男性ファッションで、
この秋ブームになりそうなものは?

久しぶりに黒、モノトーンが流行の兆しです。
メンズでは長らくチェック、その次はロゴやモチーフのウエアがヒットしてきましたが、
今は逆にシンプルな黒一色、もしくは白一色のアイテムが気になります。

●女性の秋ファッションの流行は?

ニットを中核とするスタイリングが大ブレイクの兆しです。
具体的には、モヘア、ケーブル、そしてタートルネックのニット。
それを、男っぽくスタイリングするのがトレンドです。

●冬はどういったものが流行る?

男女とも、ベーシックアイテムを奇想天外にスタイリングするレイヤード。
たとえば、ロングコートにスニーカーというスタイリングも、
意表を突くスタイリングの代表例。
このように、相反するモノを組み合わせるスタイルがブレイクしそうです。
メンズでは、モノトーンで作るピタピタのモードなスタイルにビッグサイズのコートを
羽織るスタイリングなどが新鮮。

ウィメンズは、クロップド丈のトップスにミモレ丈の
スカートという女性らしいスタイルに、
メンズっぽいコートを羽織る“ジェントル・ウーマン”が
各セレクトショップのキーワードです。

●注目しているブームやファッションなどは?

引き続き、ノンシャラン(無頓着)とノームコア(究極のフツー)がキーワード。
セレクトショップのバイヤーが思い浮かべるのは、「朝、急いで家を
飛び出してきちゃった」ような、愛嬌のあるスタイル。
完璧ではなく、むしろ、どこかヘンくらいのスタイルが今っぽいと思います。

●パリコレが先日、終了しましたが、
 そこからみえてくるものなどはありましたか?

パリに限らず、新しい世代のデザイナーがもの凄い勢いで台頭しています。
特に注目しているのは、「WWDジャパン」が
“スラッシャー”と呼ぶマルチクリエイター。
ファッションは表現方法の1つに過ぎず、
音楽やアートにも造形の深いクリエイターが、
ランウェイショーにも登場するようになりました。
自らの原体験である90年代を思わせる、まさにマルチで何でもアリな、
ラグジュアリーなストリートスタイルなどを打ち出している。

<村上さんからお知らせ>
「ファッションニュース」が、10月から11月にかけて
3冊立て続けに発売!

この時間は、気になる秋冬のファッショントレンドを
WWDジャパン・ファッションニュース編集長、
村上要さんに教えて頂きました。 

ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266

?