CURIOUSCOPEの最新記事


今回は、シルバーウィークに行きたいお城を
バンド界きっての歴史マニア!
ロックバンドTHE BACK HORN のベース岡峰光舟さんが解説!

GR011165.JPG

先日、旅行口コミサイト"トリップアドバイザー"が
旅行者の口コミ評価で「行ってよかった日本の城」ランキングを発表しました。


今回は、そのランキングを紹介しながら、
岡峰さんにその城にまつわるドラマや魅力を解説して頂きした!


気になるお城、第五位は、
『長野県、松本城 』

安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定
城跡は国の史跡に指定されています。
松本城と呼ばれる以前は深志城といわれていました。


続いて、第4位

『青森県、弘前城』


津軽統一を成し遂げた津軽為信が1603(慶長8)年に建築を計画、
その後2代目の信枚が1610年から1年で築いた城。
津軽藩の政治の中心地として廃藩まで260年機能していた。
城門や天守閣は当時の規模のまま残され重要文化財にも指定。


第3位は!

『兵庫県、姫路城』

姫路城は法隆寺とともに1993年、日本で初めて世界文化遺産に登録され、
日本に現存する城の中でも世界的に高い評価を受けています。
その理由は、連立式天守をはじめとする独特の建築構造
白鷺城とも呼ばれる美しい形、要塞として細かい工夫の凝らされた機能性、
城全体がよく保存され、内曲輪の城郭建築がほぼ完全に当時の様式を伝えるところ。


第2位!

『愛媛県、松本城』

松山城は、日本で12か所しか残っていない、
江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つ。


そして旅行口コミサイト"トリップアドバイザー"が発表した
旅行者の口コミ評価で「行ってよかった日本の城」ランキング
栄えある第1位は!


『熊本県、熊本城』

名将加藤清正によって築城され日本三大名城の一つに数えられる。


<お知らせ>
両A面シングル『悪人/その先へ』発売中!
こちらも新曲となる「路地裏のメビウスリング」を加えた全3曲収録
初回盤特典DVDには昨年末にメンバー自らが企画・演出を手掛けた
プレミアムライブの模様全11曲を収録。

10月からは、8年振りとなる対バンツアー
「KYO-MEI対バンツアー」〜命を叫ぶ夜〜 がスタート!
<東京公演>10月30日(金) 会場:Zepp Tokyo 
東京公演の対バンは、ストレイテナー チケット発売中!

9月26日(土)、27日(日)に福島で開催される
「風とロック芋煮会 2015」にも出演!

THE BACK HORN オフィシャルサイト


J-WAVE GOLD RUSH 【CURIOUSCOPE】のコーナー
この時間は、「シルバーウィークに行きたいお城の魅力」を
ロックバンドTHE BACK HORN のベース岡峰光舟さんに伺いました!

ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267

?