CURIOUSCOPEの最新記事


今、「クラフトジン」がヨーロッパを中心に世界的なブームなんだそうです。
日本の飲食業界でも「クラフトビールの次に来る!」と注目されています。

今までの「ジン」と「クラフトジン」 何が違うのか?

25カ国280種類のジンを取り扱っている
GOOD MEALS SHOPオーナーの三浦武明さんに解説して頂きました!

R0000047.JPG

そして今日は、三浦さんにセレクトして頂いた「クラフトジン」を
実際にテイスティング!

IMG_0403.JPG

・ジン・マーレ(スペイン)
 バジル・タイム・オリーブ・ローズマリーなどを浸漬した、
 地中海ならではの味わいが魅力的なジン。

・ジーヴァイン・フロレゾン(フランス)
 ワインでも使用されるユニ・ブラン(白ぶどう)を使用したエレガントな香り。

・モンキー47(ドイツ)
 黒い森。シュバルツバルトの47種類のボタニカルを使用したジン。
 まるで香水のようなアロマ。

・テヌ・ジン(フィンランド)※日本では来月リリース予定です。
 フィンランドに残る原生の森・タイガのボタニカルを使用し修道院で修道士により蒸溜、
 リンゴンベリーのフレイバーと美しいラベル。

・油津吟(yuzu gin)
 宮崎県の油津(あぶらつ)にある老舗焼酎酒造が手がけた焼酎ベースの柚子香るジン。

【CURIOUSCOPE】のコーナー
GOOD MEALS SHOPのオーナー、三浦武明さんに
今、世界的ブームとなっている「クラフトジン」ついて伺いました!
ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267

?