JOURNAL STANDARD | FIND ONE STYLE

J-WAVE 81.3 FM
FRIDAY 23:00-23:30

ARCHIVE

2017.12.29

最終回:石野卓球

最終回は代官山のSPACE ODDで開催された、JOURNAL STANDARD 20th Anniversary Partyから、番組公開収録の模様をお届けします。

石野卓球さんをお迎えしてのトークセッション。かなり爆笑のトークだったのですが、今日はその一部をお届けしました。

 Licaxxx:卓球さんの私生活がみえることをひとつ教えてください。

 卓球:私生活?なんで?そんなに謎に包まれてる!?笑

 Licaxxx:何時に起きて、何時に寝るんですか?

 卓球:まちまち。最近は午前中にねて、夜は墓場で運動会!?でもDJってそんなもんだよ。夜は墓場で運動会笑 でも実際やることないんだよ。昔だったらやりたいこといっぱいあったけど、面倒くさくなってきて、今家でも曲作れるようになったじゃん?じゃあほかにすることないなーと思ったら、家でDJするわけでもないし・・・曲作り以外することないから。

 Licaxxx:普段からこんなにしゃべるんですか?お家でも

 卓球:しゃべるよ。ひとりじゃないよ。これ、オンエアになってもわけわかんないよね。

 Licaxxx:普段からこんなにしゃべるんですか?お家でも。

 卓球:しゃべるよ。え、みんな引いてない!?(放送できない数々の発言をうけて・・・)オレ、クレイジーなんだよ。いいクレイジーと悪いクレイジーがいるじゃない?オレ、いいクレイジーなんだよ。さんまさんもいいクレイジーじゃない?あ、川辺ヒロシくんと加藤紀子ちゃんが結婚したじゃない?保証人、さんまさんと、オレなんだよ。スポーツ紙に加藤紀子結婚!相手はカリスマDJ!保証人はさんまと卓球・・・ってここに人間だれもいないんだよね笑 形が見えないっていう新しい・・・笑
<音楽について>
 Licaxxx:今後FEATURINGしたい人って?

 卓球:うーん。この人とやりたいっていうよりもそういうのって出会いなんだよね。無理やり作っても絶対うまくいかない・・・オレもいままでいろいろ失敗してきている・・・たとえば、仕事の依頼がきて、この子を今までと違うイメージにしたくて、サブカルっぽくしたいからプロデュースしてほしい、みたいに言われて。それって無理やりじゃない?そういうのって絶対うまくいかないから。人って合う時は合うし、合わない時は合わないからあの人興味あるなって、無理やり近づけても絶対だめだし、ピンとくればあの人とやりたいな、とかなるけどそういうのはないから。あ、Licaxxxがやりたいって言ったら絶対やるよ。友達だったら絶対大丈夫。トモダチナラアタリマエ・・・アルシンドになっちゃうよ。もううんざりでしょ?なんでこんなにしゃべっているかというと、どうぜ切るから・・・笑


卓球:そういえば、オレ、日々欠かさないのがエゴサーチとエ○サイトなんだけど、90年代前半に電気グルーヴのアンケートの記事があったんだよ。その質問で、ファンの子から「夢にピエール瀧さんが出てきました。お二人はファンが夢にでてくることありますか?」ってのがあって、オレのその答えが「自意識過剰もいい加減にしろ、出てくるわけないだろ。今後もでてくることありませーん。調子に乗るな」って書いてあって、さすがにオレもびっくりして。あれは事務所の方針で言えって言ったんだよ笑 痛快だったもん・・・

 Licaxxx:笑!卓球さんのDJについて聞きます。DJ中は何考えてますか?
 
 卓球:次の次とか、その場のムードとか、普通のことだな笑 でもみんな一緒でしょ!?あとは、あーあいつまた来てるーみたいな笑 いつまで撮ってるんだろーって。
<石野卓球のSTYLEとは?>
 ACI/DTE/KNO/DIS/KOB/EATz

 ここに全部はいってますよ。しゃべりのテンポもBEATZ、華やかでフレンドリーでポップなのがDISCO、機能的でソリッドなのがテクノ、で、わけわかんないところがACID・・・なんで下から言ったんだろ・・・!?
<石野卓球さんをお迎えして>
卓球さん、まさかアルバムタイトルまんまもってくるとおもわなかったし、散々全然違う話をした最後にまとめるのがそこかって思いましたけど、確かにその通りだなと。はちゃめちゃなこと言っていてもずっと第一線で活躍されてきたわけですし。不言実行というかほんとむちゃくちゃな事言っているのに、やっていることはかっこいい・・・すばらしいなと思いました。
<JOURNAL STANDARD FIND ONE STYLEをお届けしてきて>
5ヶ月間きいてくれたみなさん、ありがとうございました。本当にたくさんの方からリアクションをいただいて、この番組を担当することで、普段いろんな人の話を掘り下げてきくってことはこの番組でしかできなかったことだったので。私自身も会いたい人に会えたのもうれしかったし、好きな人、気になる人の他に出ていない、インターネットではでてこない話を聞けたかなって思います。これからもそういう機会があればうれしいなと思います。