School TV DREAM TRAIN

グルメリポーター

彦摩呂

PROFILE
1988年5月、フジテレビ主催 「ナイスガイ・コンテスト」 で、準グランプリを獲得。1989年4月、秋元康プロデュース 「幕末塾」 の結成メンバーとして TMネットワークのカバー曲 「Come on Let's Dance」 でメジャーデビュー 3rd.シングル 「時代を殴るには自分の素手がいい」 は、TBS系ドラマ 「びんた」 の 主題歌に。日本青年館をはじめ、全国ツアーも展開。同年、グループ活動をしながら映画に抜擢される。さわやかさと、コミカルな演技が認められその後、数々の映画、ドラマで人気者に。同時に、本人たっての願いで情報番組のリポーターやバラエティー番組にも進出し、その人なっこさがウケて、朝やお昼の人気リポーターに、特にグルメでは、その食べっぷりと独自の味の表現が人気を博し、過去に例をみない日本を代表するグルメリポーターとして活躍を続ける。

オフィシャルサイト 

特殊メイクアップアーティスト

江川悦子

PROFILE
米国ロサンゼルス在住中、Joe Blasco Make-up Center、Dick Smith Advanced Make-up Courseにて特殊メイクを学び、その後「メタルストーム」「砂の惑星・デューン」「ゴーストバスターズ」「キャプテンEO」「ラットボーイ」などの映画作品にスタッフとして参加。帰国後、特殊メイクアップ、特殊造型でのパイオニア的工房、株式会社メイクアップディメンションズを設立、現在に至る。雑誌の取材、テレビ出演なども多く、代表的な番組として「徹子の部屋」「金スマ」「プロフェッショナル、仕事の流儀」「ぴったんこカンカン」「モーニングバード、Aウーマン」「転職de転職」「Switch インタビュー」など。また自身が出演して特殊メイクを行った「エプソン」のCMも印象深い作品。代表作として、映画「ゲゲゲの鬼太郎1&2」「おくりびと」「アウトレイジ ビヨンド」「ステキな金縛り」「清須会議」「利休にたずねよ」「モンスター」「小さいおうち」「予告犯」「龍三と七人の子分たち」「MOZU」「ギャラクシー街道」「残穢」「僕だけがいない街」。テレビドラマ「花子とアン」「軍師官兵衛」「カーネーション」「負けて、勝つ」「銀二貫」「彼岸島」「南極大陸」「一休さん」「サザエさん」「探偵 左文字進」「小林一三」など。そのほかCM、舞台、イベントなど幅広いメディアで活動中。

オフィシャルサイト 

プロモーター

高崎亮

PROFILE
1999年株式会社スマッシュに入社。永遠の若手と言われ早17年。フジロックでは媒体の宣伝、メーカー窓口担当。当日の運営ではレッドマーキー深夜制作責任者として活動。2004年よりクラブイベントGAN-BAN NIGHTや海外新人アーティストを中心に招聘業務を行う。今までにFUN、TWENTY ONE PILOTS、ED SHEERAN、JET、SCISSOR SISTERS、JAMIE CULLUM、MIKA、MAJOR LAZER、MODESELEKTOR、JUSTICE、etcを招聘。また日本人アーティストcero,Mop Of Head などを担当。今年20回目を迎える「FUJI ROCK FESTIVAL '16」は7月22日〜24日にかけて新潟・湯沢町苗場スキー場で開催される。

School TV