2016年09月27日

■サッカー選手、矢野貴章さん、扇原貴宏さんの第二夜!

中学時代、クラブチームで活動していた矢野選手は
学校が充実していないような感覚がして、
高校では地元の県立高校のチームに所属していた矢野選手。
高校1年生の頃は早く家に帰りたがったそうですが、
「高校2年生からは先輩とプレイすることが楽しすぎて
誰よりも遅くまで残るようになった」と話します。
対してプロの近道かもしれない、と
クラブチームに所属していた扇原選手。
よかったことは「サッカーだけでなく、
チームでの人間関係なども学べたこと」なんだそうです。