2016年09月16日

■ノンフィクション作家、高野秀行さんの最終夜!

経験値は上がっていっているけれど、
あまり経験から学ばないタイプだと話す高野さん。
それが反って向いていたのかもしれません。
ノンフィクション作家について高野さんは、
「普通の人はやらない方がいい。」
「でも、どうしても普通に暮らせない人、
暮らせなくなった人がこんな仕事があったことを
思い出して、仕方ないからやるっていうのは
ありなんじゃないでしょうか。」と話していました。
これからも人に書けないものを書く、
高野さんの旅は続いていきます。