RINREI CLASSY LIVING

RINREI CLASSY LIVING

2017.08.05

今夜のゲストは田島貴男さん♪

ミュージシャンとして走り続ける田島さんに数多くこなすライブへのこだわり、ヴィンテージギターへのこだわりも伺いました♪

初めましてのお二人でしたが、田島さんのシャワーのようなトークを浴びて村治さんもびっくり(笑)それでもギタリスト談義で盛り上がりました♪

野外フェスやライブツアーでお忙しい田島さんですが、近いところだと「SLOW LIVE ’17 in 池上本門寺」の1日目、9月1日(金)に出演します。その他、今後の予定などはORIGINAL LOVEのオフィシャルサイトなどをチェックしてください。

CLASSY ESSAY HARUKA KOUSAKA

番組後半にお送りしている、音楽ライターでクラシック・ソムリエの高坂はる香さんによるクラシックの豆知識や、季節ごとの注目のトピックスなどを紹介する 「CLASSY ESSAY」。

オペラは、音楽、美術、文学、舞踊などさまざまな要素が融合した総合芸術だといわれます。そんなオペラ界における、世界最高峰の劇場、ニューヨーク、メトロポリタンオペラのステージを映画館で楽しむことができる、METライブビューイング。みなさん、体験されたことはありますか?そこには、生の舞台を楽しむのとは、また別ものおもしろさがあります。

カメラが、オペラ歌手たちの細やかな演技をとらえ、またときには舞台の中に潜んでいる小技をクローズアップしてくれることで、演出の意味がより理解できることもあります。幕間には、たった今まで舞台に立っていた歌手が、まだ息があがったような状態でインタビューに答える場面も。役柄についての解釈を聴くと、ストーリーがより深く理解できることもあります。劇場に行くより手頃な料金で、ドリンクを片手にゆったり楽しむことができるのも魅力のひとつ。

8月5日から9月29日まで、東京、東銀座の東劇で、過去の人気演目を一挙に届ける、アンコール上映が行われます。9月11日には、「誰も寝てはならぬ」のアリアで有名なプッチーニの「トゥーランドット」の上映とあわせて、ミュージカル俳優の田代万里生さんによるトークイベントも開催されます。

さて、今回は昨シーズンの演目のなかでもっとも印象に残った、R.シュトラウス「ばらの騎士」からの三重唱をご紹介します。歳上の元帥夫人と、恋仲にある若い貴族オクタヴィアン、彼が恋におちる若い娘、ゾフィー、この3人が、それぞれの複雑な胸の内を歌い上げます。シュトラウス自身にとっても思い入れのある作品で、遺言により、葬儀でも演奏されました。元帥夫人のルネ・フレミング、オクタヴィアンのガランチャという、それぞれを当たり役としてきた二人がこの役を卒業するという公演で、カーテンコールも感動的でした。