atelier nova

J-WAVE J-WAVE

antenna* marble palette

2014.12.13

今週のtopics on the palette!

★ハウス・オブ・クリスマス★
銀座の老舗書店「教文館」では、「ハウス・オブ・クリスマス」が開催中です。店内には、ドイツを中心に、フランスや北欧などのクリスマス関連グッズが、約3000点、展示・販売されています。クリスマスツリーの形をした「立体アドヴェントカレンダー」、トナカイの絵柄の「スプーン付きマグカップ」、フランス製の「手回しオルゴール」、ドイツの職人が、ひとつひとつ手作りした「木製オーナメント」、絵本のような「スノードーム」などなど。また、半円形のアーチ型になった「シュビップボーゲン」という、ドイツの伝統的な木工芸品もあります。
また、土曜、日曜、祝日の午後1時から5時までは、木製のストリートオルガンの演奏も行われています。ストリートオルガンの音色は心も温まります。銀座 教文館で開催中の「ハウス・オブ・クリスマス」は、12月25日(木)までです。

教文館 web site
★いよいよ発表!「DESIGN AWARD 2014」★
今週のchristomoko pick up topicは「Atelier Nova DESIGN AWARD 2014」の投票結果を発表しました。今年1年間、番組で紹介させていただいた様々なアートやデザインのなかから、私たちをHAPPYにさせてくれた10アイテムを選んでノミネート。さらに今年はその10のデザインに、リスナーのみなさんに印象に残ったアイテムを投票していただきました。
1位に輝いたのは「箱根寄木細工」。番組では小田原の若手寄木細工職人の集団「雑木囃子」に注目し、3月にメンバーの露木清高さんをゲストにお迎えしました。12月25日(木)まで、ラスカ小田原5階のWAZA屋では「雑木囃子のクリスマス展」を開催中です。クリスマスギフトを探しに足を運んでみてはいかがでしょうか?
この他ノミネートされたのは、「アール・ブリュット」「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 −ヤゲオ財団コレクションより」「SHUHALLY」「トラフ建築設計事務所の仕事」「東京都庭園美術館」「ザハ・ハディド」「福徳神社」「窓学 “WINDOWSCAPE”展〜窓の研究プロセスからミラノサローネまで〜」「レアンドロ・エルリッヒ」、いずれも魅力あふれる「こと」「もの」「ひと」なので、来年も引き続きチェックしていきたいですね。リスナーのみなさんのご参加・ご協力、有難うございました!
バックナンバー
pagetop
リクエスト&メッセージ