TOKYO TREASURE

世界に向けて発信したい、東京/日本のコト・モノにフォーカス。

2017.11.19
新開発された<飲める文庫>をピックアップ!

本日は、新開発された<飲める文庫>について、
開発にも関わった「やなか珈琲」エリアマネージャーの
大関慧(おおぜき・さとし)さんをお招きしてお話を伺いました。

▼どんなコーヒー?
名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒーです。

▼開発のプロセスは?
1.文学作品に関する1万件以上の読後感のレビューを、
コーヒーの味覚指標に変換し、学習データを作成。
2.最先端AIに学習データを投入し、分析モデルを作成。
3.分析モデルを用いて名作文学のレビューを分析し、
味覚指標のレーダーチャートを作成。
4.作成されたレーダーチャートをレシピとして、
やなか珈琲店のカップテスターがブレンドコーヒーを考案、そして開発。

▼飲める文庫は何種類商品化?
今回、6点の名作文学を商品化しました。
島崎藤村「若菜集」
太宰治「人間失格」
夏目漱石「我輩は猫である」「こころ」「三四郎」
森鴎外「舞姫」

▼太宰治「人間失格」
コーヒー豆:コロンビア/ブラジル/ペルー
ロースト:フルシティロースト
このコーヒーは、淡々と語られる人間の弱さを、
滑らかな口当たりで、質の高い豊かな苦味で表現しました。

▼夏目漱石「三四郎」
コーヒー豆:エチオピア/コロンビア
ロースト:ミディアムロースト
このコーヒーは、芳醇な赤ワインを思わせる風味。
心地よい甘さは、思わせぶりな女性に翻弄される、
甘酸っぱい青春の日々をイメージ。

▼森鴎外「舞姫」
コーヒー豆:ブラジル/グァテマラ/東ティモール
ロースト:フレンチロースト
舞姫の、美しい文体で描かれた若い恋が、
コーヒーの中のチョコレートの様な甘味と、滑らかでソフトなボディで蘇ります。

▼お知らせ
「飲める文庫」は、やなか珈琲のネット販売、
または、都内の店舗で11月30日まで販売中。
商品は数量限定ですので、詳しくは、やなか珈琲のオフィシャルサイトをチェック!

http://www.yanaka-coffeeten.com

BACK NUMBER